情報が多すぎやしませんか?

こんにちは!院長の佐々木です。

ご来院頂く患者様の傾向をみると例年この時期は膝や股関節や足首や腰でも急性的な痛みでいらっしゃる方が多いようです。

リンパ等が滞って浮腫んでいる部位や、寒さで交感神経が優位になって冷えや圧迫を増長して痛みを引き起こしているので気温や気圧の外的な要因も無視できないんですけど、改めてそもそもの引き金がストレス、心的な問題が継続して起こったりすることが大半だ、と痛感しています。

でもストレスが原因、考え方が原因とはまさか思わないから、薬やサプリ、その他あらゆる健康法を試されている状況です。

物質的に豊かな時代になって、いつになく健康に関心が高まっている時代とも言えますし、俗に言う高齢化社会を向かえて、健康に老後を過ごしたいとは誰もが思っている欲求だと思います。

だから身体に良いと思われる情報にはとても敏感です。でもその情報って多すぎませんか。テレビやインターネット等情報提供媒体が豊富で情報化時代=情報氾濫時代になっていますよね。

ある程度情報って仕入れたほうが良いと思いますが、本当に身になる、人生の役に立つ情報ってテレビやインターネット上にどれだけあるでしょうか?

やっぱり人生の役に立つものって実経験からくる教訓や本等では無いでしょうか。人から仕入れたお話も眉唾物でそこに実践や失敗があってはじめて生きた教訓になります。

先日NHKで「アトピー最新治療」的な番組が放送されていたので、どんなものかと思いきやステロイドを効果的に使いましょう、という内容でした、結局。
かつてあった健康情報番組もそうですが、制作者は基本的に身体の素人なのでどうしても一部の情報者の内容を鵜呑みにして偏りがでて浅い。健康番組だけじゃなくて歴史番組も、報道番組も、政府の言う事もともて鵜呑みにはできない。週刊誌も新聞も危ないです。

情報は仕入れても、結果や傾向のみ見極め、後はしっかり自分で判断していく必要がこれからの時代ますます問われると思います。
震災時のデマメールひどかったですよね。あれが良い例です。

個人の身体の状況を正しく知ることからまず健康への第一歩が始まります。どんな状況に身体があるのか、どんな事をすべきなのか、
当院ではそんな情報をお伝えできたら幸いです。

お問い合わせ、お申し込み、御意見等お気軽にご連絡下さい!!
info@aoyamaseitai-ac.com  TEL・FAX03-3477-7009
日本徒手整体アカデミーHP http://www.aoyamaseitai-ac.com/
日本徒手整体トレーナー認定協会 http://www.kotuban.info
写真付ブログ http://revitalize.blog.ocn.ne.jp/
受講生の声はこちらの掲示板から http://aoyama.bbs.coocan.jp/
佐々木学院長の写真付コラムはこちら http://melmaga.toy-hoken.co.jp/karada/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中