腰部が原因となる身体の歪み

皆様こんにちは!院長の佐々木です。
今回は第27話「腰部が原因となる身体の歪み」をご紹介致します。
簡単にできるので是非お試し下さい。健康とは自分は知る事です、まず。
前回までのコラムで、骨格のアンバランスや骨盤・腰部の痛みの原因は、骨盤・腰椎・股関節を覆う大腰筋・腸腰筋の収縮であることが多いと指摘してきました。

今回は腰部の筋肉で、これらの筋肉群の次に原因となることが多い、腰方形筋について説明します。腰方形筋とは、背骨の腰椎と骨盤を連動させる筋肉で、背骨を中心に左右両側についています。この筋肉の左右どちらかが片側より強く収縮すると、肋骨が下方へ引っ張られ、そのまま肩も下がり首も傾いてしまいます。

鏡の前に立ち、左右の肩の高さを比べます。どちらかの肩が下がっていたら、低い側の腰方形筋にアプローチします。両方の親指で両脇(ウエスト又はお臍の高さ)をゆっくり押し込んでいきます。腰方形筋が原因である場合、肩が低い側の筋肉に痛みやシコリを感じます。

次に、痛い側の脚を痛くない側の脚の後ろに引きクロスさせて立ち、そのまま上半身を痛くない側へゆっくり倒します。このとき痛くない側の腕は上に伸ばし、耳に近づけたまま一緒に倒します。15~30秒がんばってストレッチします。
体を元に戻すと、左右の肩の高さが近づくか揃っているはずです。

お問い合わせ、お申し込み、御意見等お気軽にご連絡下さい!!
info@aoyamaseitai-ac.com  TEL・FAX03-3477-7009
日本徒手整体アカデミーHP http://www.aoyamaseitai-ac.com/
日本徒手整体トレーナー認定協会 http://www.kotuban.info
写真付ブログ http://revitalize.blog.ocn.ne.jp/
受講生の声はこちらの掲示板から http://aoyama.bbs.coocan.jp/
佐々木学院長の写真付コラムはこちら http://melmaga.toy-hoken.co.jp/karada/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中