脚の内側は命の源泉

皆様こんにちは!院長の佐々木です。
本日は2008年69話「脚の内側は命の源泉」となります、お役立て下さい!!
東洋医学で言う「五臓六腑」の”五臓”とは、腎・肝・肺・脾・心(臓)を指し、各臓器の中でも特に重要視されています。いずれも陰の経絡と言われ、腕や脚の内側に守られたエネルギーのラインです。

今回は、脚の内側のエネルギーラインを活用した養生法をご紹介します。

脛(すね)の内側から腿の内側、そして胴体に向かって3本のエネルギーのラインが流れています。

東洋医学の解釈も加えると、

腎・・・水分代謝・ホルモン分泌に関わる。髄・脳・骨に影響を与える。活力の源・慢性疲労・むくみ・難病の原因。

肝・・・老廃物の解毒・分解に関わる。筋肉に影響を与える。怒りの臓器と言われ、感情・ストレスの影響を受けるとダメージを受けやすい。筋肉の硬さ・コリの原因。

脾・・・リンパの生成。免疫コントロール。冷え・むくみ・生理痛の原因。難病にも関わる。

脾臓以外は西洋医学でも重要視される臓器で、それらの反射ラインが脚の内側に流れているわけです。このラインに自身で刺激を入れ、疲労・ストレス・病気に負けない身体を養います。

片方の膝を外側に曲げて座り、手根で下から上へ押圧します。

次に、腿の内側を肘や手根・指で同様に下から股の方へ押圧します。

3本のラインが流れているので、大よそ縦に3等分して、1ライン3セット計9回行ないます。逆側の脚も同様に行ないます。

お問い合わせ、お申し込み、御意見等お気軽にご連絡下さい!!
info@aoyamaseitai-ac.com  TEL・FAX03-3477-7009
日本徒手整体アカデミーHP http://www.aoyamaseitai-ac.com/
日本徒手整体トレーナー認定協会 http://www.kotuban.info
写真付ブログ http://revitalize.blog.ocn.ne.jp/
受講生の声はこちらの掲示板から http://aoyama.bbs.coocan.jp/
佐々木学院長の写真付コラムはこちら http://melmaga.toy-hoken.co.jp/karada/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中