立禅

皆様こんにちは!院長の佐々木です。
今回のコラムは2009年77話「立禅」です、どうぞおためしください!

腰痛をおこしやすい方は、腰の一点に重心が集中し、腰筋を緊張させてしまっています。
重心は下腹部(お臍の下)または殿筋(お尻の筋肉)下部で、お尻の穴を閉めるように立つなどの動作を行なうと、腰の筋肉の負担が減り腰痛になりません。

重心の位置を下げ、軸を矯正する「立禅」をご紹介します。

両足を肩幅くらいに広げ、足先を真っ直ぐ前に向け、お臍をへこませるように下腹部に若干力を入れ、骨盤を後ろに回転させるように立ちます。

お尻の穴を閉めるように力を少し加えると、イメージしやすいはずです。

背骨は真っ直ぐに起こし、両腕は肩の高さに、手の幅は握りこぶし一つ分開けましょう。

鼻から息を吸って、口からゆっくり吐いていきます。5分前後を目安に、時間がないときは30秒でも構いません。

これにより、腰に負担がかからない重心のかけ方をマスターできます。

お問い合わせ、お申し込み、御意見等お気軽にご連絡下さい!!
info@aoyamaseitai-ac.com  TEL・FAX03-3477-7009
日本徒手整体アカデミーHP http://www.aoyamaseitai-ac.com/
日本徒手整体トレーナー認定協会 http://www.kotuban.info
写真付ブログ http://revitalize.blog.ocn.ne.jp/
受講生の声はこちらの掲示板から http://aoyama.bbs.coocan.jp/
佐々木学院長の写真付コラムはこちら http://melmaga.toy-ken.co.jp/karada/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中