胃が重くなったら

皆様こんにちは!院長の佐々木です。
いよいよ梅雨入り、土用の季節に入ります。こんな季節は胃の粘膜などがダメージを受けやすい、そこで今回のコラム紹介は、2008年68話「胃が重くなったら」となります。

肩こり、食欲不振、強いストレスにさらされた時などに、みぞおちのあたりに重さや痛み、吐き気や不快を感じたことは、誰でも一度はあるでしょう。

そういう時は胃が収縮しています。肋骨と内臓が下垂していることが多いためか、胃が痛むと身体を縮め、お腹を抑えるポーズをとる方をよく見かけます。

胃が収縮した時は筋肉への対応と同様に、肋骨とみぞおちを広げて胃自体を広げるポーズをとり、不快な症状を改善しましょう。

仰向けに寝て、肩甲骨の間あたりに枕などを引いて少し高くして、両手をバンザイのように伸ばします。そのままの姿勢で深呼吸を続け、2~5分はその姿勢を保ちましょう。胃の不快感が軽減し、姿勢も改善されます。

お問い合わせ、お申し込み、御意見等お気軽にご連絡下さい!!
 info@aoyamaseitai-ac.com  TEL・FAX03-3477-7009
日本徒手整体アカデミーHP  http://www.aoyamaseitai-ac.com/
日本徒手整体トレーナー認定協会  http://www.kotuban.info
写真付ブログ  http://revitalize.blog.ocn.ne.jp/
受講生の声はこちらの掲示板から  http://aoyama.bbs.coocan.jp/
佐々木学院長の写真付コラムはこちら  http://melmaga.toy-ken.co.jp/karada/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中