梨状筋をほぐす

皆様こんにちは!院長の佐々木です。
今回のコラム紹介は2005年36話「梨状筋をほぐす」となります、おためし下さい。

今回ご紹介する梨状筋(りじょうきん)は坐骨神経痛(下肢の痺れ)をともなう腰痛で悩んでいる方に意識していただきたい筋肉です。
骨盤の中にある小さな筋肉なのですが、股関節と仙骨という骨を結び、人体中最も太い神経の一つである坐骨神経が通過しています
。この筋肉が縮んでしまうと坐骨神経を圧迫し梨状筋症候群という下半身の痺れをともなう腰痛を引き起こしてしまいます。
心当たりのある方は次に説明する対処法を試してみて下さい。

床に胡坐(あぐら)を書いて座ります。右足を左膝の外に持ってきてクロスさせます。立てた右膝を胸に引き寄せしっかりと抱えます。
更に上半身を右に少し捻ります。右のお尻の辺りが突っ張る感じがあれば伸びている証拠です。同様に左側も伸ばします。
30秒以上行い、一日数回、数日行うと痺れが無くなります。腰痛も軽減します。

お問い合わせ、お申し込み、御意見等お気軽にご連絡下さい!!
 info@aoyamaseitai-ac.com  TEL・FAX03-3477-7009
日本徒手整体アカデミーHP  http://www.aoyamaseitai-ac.com/
日本徒手整体トレーナー認定協会  http://www.kotuban.info
写真付ブログ  http://revitalize.blog.ocn.ne.jp/
受講生の声はこちらの掲示板から  http://aoyama.bbs.coocan.jp/
佐々木学院長の写真付コラムはこちら  http://melmaga.toy-ken.co.jp/karada/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中