水を飲み続けましょう

皆様こんにちは!院長の佐々木です。
本日のコラム紹介は2008年66話「水を飲み続けましょう」となります。
ポカリスエット等のスポーツドリンク、スティックシュガー11本分ですよ!どうな調理でもこんなに上白糖を使うのは難しい。
これだけ濃いと発汗しづらいので体液を濃く保ち熱中症を防ぐというのが彼ら企業の主張。これだけの砂糖を使用していることが多くの消費者も理解したら市場も大きく変わるでしょうに。腎臓に負担もかかりますし、ホルモン分泌、免疫系、虫歯、糖尿など色々と影響を及ぼしそうです。腰痛の方ってこういうものを多く摂取していて殆どお水は飲んでいないか、水分自体をあまり取らないかのどちから出に多いです。企てを生業にする企業のCM、広告などに騙されない眼力を養いたいものです。

東洋医学では、肝腎要の語源が示す通り、腎臓と肝臓が内臓の中で非常に重要視されていて、これらの臓器の機能不全はあらゆる病気の遠因となり、他の臓器にも悪影響を及ぼすといわれています。

肝臓は血を蔵し、不要物を解毒・分解するといわれており、西洋医学もほぼ同様の考えです。

また、怒りの臓器ともいわれ、怒りっぽい人・イライラしている人は肝臓に負担をかけるという思想も面白いですね。

腎臓は活力を司るという考えから、精力・やる気・元気の源となる臓器といわれています。不純物を濾過し血流を改善するというのは、西洋医学でも同様の見解です。また、脳の働きを司るともいわれており、脳障害=腎臓の不活性と考えます。

このように、いずれの臓器も非常に重要な役割を果たしており、これらの臓器を活性化させるには水の摂取が重要です。

今や西洋医学のどの医師も、水の摂取の重要性を説いています。

実際、血流が悪くなると脳梗塞などのリスクが増し、肩こり・腰痛・冷え症・むくみ・慢性疲労の原因になります。身体が冷えるとリンパの働きが鈍り、免疫力が下がり、他の病気にもかかりやすくなります。

それを防ぐ為にも、腎と肝の働きを向上させる水を多く摂取することを心がけましょう!

ミネラルウオーターとお茶やジュースとは全く違いますし、水道水や浄水器の水とは成分や働きが違いますから、なるべくミネラルウオーターを摂るようにしましょう。

少しずつ量を増やし、最終的には毎日2Lを摂取することが目標になります。

お問い合わせ、お申し込み、御意見等お気軽にご連絡下さい!!
 info@aoyamaseitai-ac.com  TEL・FAX03-3477-7009
FaceBook始めました  http://www.facebook.com/takuo.sasaki.9
日本徒手整体アカデミーHP  http://www.aoyamaseitai-ac.com/
日本徒手整体トレーナー認定協会  http://www.kotuban.info
写真付ブログ  http://revitalize.blog.ocn.ne.jp/
受講生の声はこちらの掲示板から  http://aoyama.bbs.coocan.jp/
佐々木学院長の写真付コラムはこちら  http://melmaga.toy-ken.co.jp/karada/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中