食事について

皆様こんにちは!院長の佐々木です。
今回のコラム紹介は2010年94話「食事について」となります。ご参考にしてみて下さい。

非常に暑い日が続いていますね。

今回は、熱中症・夏バテ等の対策として、食事面での東洋医学的実践法をお伝えします。

こまめに水分を補給する、ビタミンを摂って疲労を防ぐ、などは一般的に言われていますが、東洋医学では、身体に熱がこもらないよう、発汗等を通じて体熱コントロールをスムーズに行うために、苦い物と赤い物を積極的に摂ることを勧めています。

夏は循環器・心臓・神経系に負担がかかる季節とも言われているので、末端冷え症・めまい・のぼせ・神経痛などの方にも効果的です。

苦い物としては苦瓜・魚のはらわた・銀杏、赤い物としては人参・トマト・赤ピーマン・スイカ等です。

日常的に取り入れながらも、偏りすぎずバランスのよい食事を摂ることが、夏を乗り切る一番の健康法です。

お問い合わせ、お申し込み、御意見等お気軽にご連絡下さい!!
 info@aoyamaseitai-ac.com  TEL・FAX03-3477-7009
動画はこちら     http://youtu.be/qIgwvMsIfwY
FaceBook始めました  http://www.facebook.com/takuo.sasaki.9
日本徒手整体アカデミーHP  http://www.aoyamaseitai-ac.com/
日本徒手整体トレーナー認定協会  http://www.kotuban.info
受講生の声はこちらの掲示板から  http://aoyama.bbs.coocan.jp/
佐々木学院長の写真付コラムはこちら  http://melmaga.toy-ken.co.jp/karada/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中