月別アーカイブ: 2012年8月

重力線を意識する

皆様こんにちは!院長の佐々木です。
オリンピック凄く盛り上がりましたね。ああいうトップアスリートの競技を見ていて思うのはやはりメンタルって全てに大きく影響を及ぼすなあ、ということ。心、技、体といいますが体のコンディションが整わないと心もぶれてしまうという方もいますが、怪我をしてても女子レスリングの二人は3連覇しちゃうしねえ。

誤審も体格差も年齢も、環境もものともしない強い選手が頂点に立つんですね。ボルトは一見恵まれた体躯をしていますが先天性の側湾症ですからね。
動じないエースといえるアスリートが今後の日本に欲しい。柔道界やマラソンには沢山いました。今回はレスリングのお二人でしたね。一番感動したのはやっぱりなでしこですね。背負うものが大きかったと思います。本当に次世代につないだと思います。
残りの競技も堪能しましょう。そして来週からはまた気合を入れて日常に戻りましょう。

今月のコラム紹介は2007年51話「重力線を意識する」となります。

人体解剖学的にバランスを検証する場合、主に正中線と重力線という二つの線を想定して診断します。正中線は、人体の正面に1本の縦線を引いた状態を想定します。重力線は、人体の真横に1本の縦線を引いた状態を想定し、重力に対する前後のバランスを検証します。

理想的な重力線は耳を通り、肩の真横、股関節、膝関節、外踝(くるぶし)までが一直線であると言われています。鏡の前に横向きで立って見て頂ければ分かると思いますが、このような理想的な状態にある方はなかなかいません。肩より頭が前に出ていたり、股関節や膝が前や後ろに位置していると、腰の反りすぎによる腰痛、猫背による肩こり、膝痛等の原因になります。

しかし、これらもエクササイズによって矯正することが可能です。
壁の20センチ程前にまっすぐ立ち、上半身(後頭部、両肩、背中)をぴったりと壁につけます

このとき腰は前湾しているので浮いてしまいますが、お腹に力を入れてなるべく腰も壁につけます。これで上半身が正しい重力線上に位置することになります。普段いかに背中が丸くなっているかが分かるはずです。その状態をキープしたまま、ゆっくりと両膝を曲げてスクワット運動を行います。

腰を落とす位置は、横から見て両膝がつま先より前に出ない程度で結構です。
10回を目安に行います。これで姿勢に変化が出ますが、効果を持続させるには毎日継続することが必要です。

お問い合わせ、お申し込み、御意見等お気軽にご連絡下さい!!
 info@aoyamaseitai-ac.com  TEL・FAX03-3477-7009
FaceBook始めました  http://www.facebook.com/takuo.sasaki.9
日本徒手整体アカデミーHP  http://www.aoyamaseitai-ac.com/
日本徒手整体トレーナー認定協会  http://www.kotuban.info
写真付ブログ  http://revitalize.blog.ocn.ne.jp/
受講生の声はこちらの掲示板から  http://aoyama.bbs.coocan.jp/
佐々木学院長の写真付コラムはこちら  http://melmaga.toy-ken.co.jp/karada/

アイスクリームを食べ過ぎると

皆様こんにちは!院長の佐々木です。
本日のメルマガ紹介は2011年108話「アイスクリームを食べ過ぎると」になります。これだけ暑い日が続くと食べたいですけどね。

暑い日が続くと、つい冷たいものを飲んだり、果物を食べ過ぎてしまいがちですね。

最近患者さんに頻繁に見られる傾向は、アイスクリームの食べ過ぎによる弊害、不定愁訴です。

暑い日には本当に美味しいのですが、食べ過ぎるとどのような弊害が出るかをご説明します。

上白糖の甘さと冷たさで、人体で最も影響を受ける臓器の一つが脾臓です。

脾臓はリンパを作る臓器で、脾臓が弱るとリンパの生成に制限が出て、リンパ球の働きを弱めます。リンパ球が最も内在している臓器は大腸なので、腸の働きが弱まり便秘や下痢になってしまいます。

また、各リンパが集中するリンパ節は関節の節々に多く見られるので、膝の痛み、股関節の違和感、朝起きたときの手の強張り等を引き起こします。

更に、アトピー性皮膚炎その他のアレルギー疾患も、免疫力が弱まることから症状が悪化します。

にきび、吹き出物、魚の目等の皮膚トラブルも、全て脾臓とストレスが原因です。

冷えを引き起こすので腎臓や膀胱も弱り、むくみや末端の冷え等が起こります。

また、脊髄神経にも影響が出るので、腰痛、首痛、頭痛もそれらが原因の場合が少なくありません。

ここでいう食べ過ぎの定義は、一度に多く食べることよりも、少量でもほぼ毎日アイスクリームを食べる場合を指します。

これらの症状に心当たりがある方には、しばらくの間控えることをおすすめします。きっと症状が大幅に緩和することでしょう。

免疫系に作用するので、適度な運動や睡眠を実践しても症状が改善しない方は、脾臓-リンパラインから来る内科的な問題だと認識してください。

お問い合わせ、お申し込み、御意見等お気軽にご連絡下さい!!
 info@aoyamaseitai-ac.com  TEL・FAX03-3477-7009
FaceBook始めました  http://www.facebook.com/takuo.sasaki.9
日本徒手整体アカデミーHP  http://www.aoyamaseitai-ac.com/
日本徒手整体トレーナー認定協会  http://www.kotuban.info
写真付ブログ  http://revitalize.blog.ocn.ne.jp/
受講生の声はこちらの掲示板から  http://aoyama.bbs.coocan.jp/
佐々木学院長の写真付コラムはこちら  http://melmaga.toy-ken.co.jp/karada/

朝の首ほぐし

皆様こんにちは!院長の佐々木です。
連日のオリンピック観戦で寝不足気味の方も多いと思います。しかしそうなるとどうしても首や肩が凝ってきてしまうんです。
そこで今回は最新コラム2012年117話「朝の首ほぐし」をご紹介します。

季節、気温の変化やハードなスケジュールが続くと、肉体的な疲労が蓄積します。

それはいわば血管中に乳酸が溜まり、筋肉の弾力性がなくなるということです。

寝ている間に腰や肩の筋肉が硬直し、朝起きたら腰痛や首の寝違えになってしまいます。

寝ている姿勢、枕の高さ、布団の弾力性などよりも、肉体的、精神的疲労の蓄積が起床時の痛みの本当の原因です。

起床時に首の負担を少しでも減らし、ほぐして可動性をつけてから身体を起こしていくことをおすすめします。

まずは四つんばいになリ、膝を曲げ両腕は前に伸ばします。

そこからゆっくり息を吐きながら首を左に倒していきます。

今度は同様に息を吐きながら顔を右に向けるように首を回していきます。

回したところで少し静止します。

この動作を2~3セット行ってから身体を起こしましょう。

お問い合わせ、お申し込み、御意見等お気軽にご連絡下さい!!
info@aoyamaseitai-ac.com  TEL・FAX03-3477-7009
FaceBook始めました http://www.facebook.com/takuo.sasaki.9
日本徒手整体アカデミーHP http://www.aoyamaseitai-ac.com/
日本徒手整体トレーナー認定協会 http://www.kotuban.info
写真付ブログ http://revitalize.blog.ocn.ne.jp/
受講生の声はこちらの掲示板から http://aoyama.bbs.coocan.jp/
佐々木学院長の写真付コラムはこちら http://melmaga.toy-ken.co.jp/karada/

肋骨体操

皆様こんにちは!院長の佐々木です。
今回のメルマガ紹介は2007年58話「肋骨体操」をお伝えします。

首の慢性的な凝り・痛みに限らず、突発的な寝違い・筋違いなどでも、痛みが強い場合には無理に首を動かそうとせず、首を支える胴体の動きをつけて対処することをお薦めします。

また、背中や肩関節の痛み・詰まり感などの症状にもお薦めの体操をご紹介します。

右手で右肩の服をつまみ、そのまま後ろから前へぐるぐると大きく肘から上腕部を回します。20回ほど回したら、今度は前から後ろへ同様に20回ほど大きく回します。腕を回すというより、肩甲骨や背中の肋骨を大きく動かすイメージで大袈裟に回しましょう。

▼1
▼2
▼3

肩に痛みが伴う場合には、無理をせずに痛くない範囲で動かしましょう。
ちょっとした肩の凝り・首の硬さがほぐれてきます。

お問い合わせ、お申し込み、御意見等お気軽にご連絡下さい!!
info@aoyamaseitai-ac.com  TEL・FAX03-3477-7009
FaceBook始めました http://www.facebook.com/takuo.sasaki.9
日本徒手整体アカデミーHP http://www.aoyamaseitai-ac.com/
日本徒手整体トレーナー認定協会 http://www.kotuban.info
写真付ブログ http://revitalize.blog.ocn.ne.jp/
受講生の声はこちらの掲示板から http://aoyama.bbs.coocan.jp/
佐々木学院長の写真付コラムはこちら http://melmaga.toy-ken.co.jp/karada/