腿挙げ運動の効用

皆様こんにちは!院長の佐々木です。
今回のコラム紹介は2011年101話「腿挙げ運動の効用」をご紹介致します。

前回のコラムではスロートレーニングでのスクワット運動をご紹介しましたが、今回はスロートレーニングでの腿上げ運動をご紹介します。

ゆっくりした動作で行なうことで、

 ・使用している筋肉部位を頭で認識しながら行なえる。

 ・フォームを矯正しながら行ないやすい。

 ・左右の軸、バランスなどを内観しやすい。

 ・少ない回数や時間、負荷で高い効果を望める。

等のメリットがあることはお伝えしました。

今回はこのメリットを活かしつつ、違う種類の下半身の運動をご紹介します。

両足は肩幅くらいに開いて立ち、両手は胸の前に置きます。【写真1】

写真1

そこから片膝を引き上げ、1~2秒程静止したら地面に下ろします。【写真2・3】

写真2

写真3
持ち上げる動作も下ろす動作も、それぞれ5秒間声に出してゆっくり行ないます。急ぎたくなるかもしれませんが、あえて声に出すことでゆっくり行なえ、ストレス発散にもなります。

腿の引き上げる高さは床と平行になるくらいまでです。【写真4】

写真4

左右交互に合計10回を目標とします。

この腿上げ動作を行なうことで、腰の筋肉である大腰筋、膝を曲げる大腿四頭筋、お腹の腹直筋を強化できます。

いずれも大きな筋肉なので、強化することで基礎代謝が向上し、ダイエットにもお薦めです。

膝や股関節、腰の強化にもつながります。

お問い合わせ、お申し込み、御意見等お気軽にご連絡下さい!!
 info@aoyamaseitai-ac.com  TEL・FAX03-3477-7009
動画はこちら     http://youtu.be/qIgwvMsIfwY
FaceBook始めました  http://www.facebook.com/takuo.sasaki.9
日本徒手整体アカデミーHP  http://www.aoyamaseitai-ac.com/
日本徒手整体トレーナー認定協会  http://www.kotuban.info
受講生の声はこちらの掲示板から  http://aoyama.bbs.coocan.jp/
佐々木学院長の写真付コラムはこちら  http://melmaga.toy-ken.co.jp/karada/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中