肋骨の関節

皆様こんにちは!院長の佐々木です。
今回のコラム紹介は2008年72話「肋骨の関節」となります、是非お試し下さい!

朝起きたときの寝違いによる首の痛み、肩や背中に張りがある場合、頚椎を支える首の筋肉が硬直していることが多いのですが、首の可動性を制限する要因には、肩や背中にある肋骨が深く関係しています。

正確には、肋骨と脊椎をつなぐ肋椎関節の捻挫が、上記の症状を誘発することが多いようです。

この関節は、肩や背中が凝っているとき、押すと痛気持ちいい場所にあることが多いので、探しやすいでしょう。

では、自分で関節の動きを付けてみましょう。

凝っている・痛いと感じる側の首の付け根から指3本目あたりの底に、1番目の肋椎関節があるので、少し強めに指で押したまま、反対の手を前から上に真っ直ぐ上げていきます。この動作を3回行ないます。

矯正後、首を前後又は横に動かす動作が楽になります。この要領で、押さえる位置を1センチ位ずつ下に移動して、各肋椎関節に動きを付けていきます。

反対側も行なって構いません。

重い・凝っていると感じる場所を積極的に行なって下さい。

【参照】
肋骨(ろっこつ)
肋椎関節(ろくついかんせつ)
脊椎(せきつい)
頚椎(けいつい)

お問い合わせ、お申し込み、御意見等お気軽にご連絡下さい!!
 info@aoyamaseitai-ac.com  TEL・FAX03-3477-7009
動画はこちら     http://youtu.be/qIgwvMsIfwY
FaceBook始めました  http://www.facebook.com/takuo.sasaki.9
日本徒手整体アカデミーHP  http://www.aoyamaseitai-ac.com/
日本徒手整体トレーナー認定協会  http://www.kotuban.info
受講生の声はこちらの掲示板から  http://aoyama.bbs.coocan.jp/
佐々木学院長の写真付コラムはこちら  http://melmaga.toy-ken.co.jp/karada/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中