胆経絡という場所

皆様こんにちは!院長の佐々木です。
今回のコラム紹介は2009年79話「胆経絡という場所」となります、お試し下さい。

今回は東洋医学的身体調整法をお伝え致します。

背中や肩のコリ、股関節や膝の痛みは東洋医学では肝臓と胆嚢の疲れが原因と考えることが多いです。

筋肉の疲労物質である乳酸などの老廃物を分解する内臓が肝臓なので、慢性疲労、筋肉のコリが続いている場合肝臓に負担をかけているともいえます。

肝臓と表裏の関係を成しているのが胆嚢といわれ、実際西洋医学でも証明されています。

胆嚢の反射部位である「胆経」というラインは脚から胴体、頭部のいずれも側面を通過しています。

このラインが硬くなると、膝や股関節の外側の筋肉が攣れてきて、関節自体を詰まらせて痛みを発症する原因となります。

「胆経」ラインをケアして疲れや痛みの予防と改善を実践しましょう。

片脚を台に載せ、股関節外側部を拳でしっかり10回叩きます。

Karada79_01240x180 

そのまま腿の外から膝の外、脛の外側のラインをまんべんなく叩きます。

Karada79_02240x180 Karada79_02240x180_2 Karada79_03240x180 Karada79_04240x180 Karada79_05240x180

次に、片脚の膝を伸ばし、足首をしっかり曲げた状態ですわり、
外側に上半身を曲げストレッチを行ないます。

Karada79_06240x180 Karada79_07180x240

脚の裏から外側がしっかり伸ばされるように行ないましょう。

同様に逆脚も行ないます。

ストレッチは1分を目標に伸ばします。

膝・股関節痛、背中の痛み、肋間神経痛、慢性疲労等に効果的です。

━━━━━━
胆経絡(たんけいらく)
胆嚢(たんのう)
攣れて(ひきつれて)
拳(こぶし)
脛(すね)
肋間(ろっかん)神経痛

お問い合わせ、お申し込み、御意見等お気軽にご連絡下さい!!
 info@aoyamaseitai-ac.com  TEL・FAX03-3477-7009
動画はこちら     http://youtu.be/qIgwvMsIfwY
FaceBook始めました  http://www.facebook.com/takuo.sasaki.9
日本徒手整体アカデミーHP  http://www.aoyamaseitai-ac.com/
日本徒手整体トレーナー認定協会  http://www.kotuban.info
受講生の声はこちらの掲示板から  http://aoyama.bbs.coocan.jp/
佐々木学院長の写真付コラムはこちら  http://melmaga.toy-ken.co.jp/karada/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中