朝起きたら行って欲しいこと

皆様こんにちは、院長の佐々木です。

今回のコラム紹介は2003年16話「朝起きたら行って欲しいこと」となります。どうぞお試し下さい。

 

すっかり冷え込んで、朝晩が辛い季節になりましたね。気温が下がると体温も筋肉の温度も下がるので、夏より体が硬くなってしまいます。ダイバーの皆さんも、スポーツを通じて、季節による体温の変化と柔軟性の関係はご存知だと思います。

体が硬くなると、スポーツ前の柔軟体操にも時間がかかったり、日常生活においても、捻挫や転倒、ぎっくり腰などを起こしやすくなります。特に朝は基礎体温が低いので、注意が必要です。そのため、朝起きたら布団の中でゆっくり「準備整体」を行ないたいものです。以前のコラムでもご紹介したかもしれませんが、改めて留意し実践してみてください。

Karada16_01 Karada16_02

・朝目覚めたら、仰向けで両足はそのまま下方に、両腕はバンザイをして、体を上下に伸ばします。5秒間ジワーッと伸ばし、一呼吸おいてまた伸ばすことを3回行ないます。

・つま先を思い切り上に反らすように足首を曲げて、そのまま踵の方に伸ばします。このとき膝の裏もしっかり伸ばし、骨盤から下にずらすイメージで行ないます。伸ばしきったら3秒間キープして、今度は逆の脚も同様に。これを3セット行ないます。

Karada16_03 Karada16_04

 

・片方の膝を曲げて、胸の前で両手で抱えます。10秒間キープしたら、逆の脚も同様に行ないます。

Karada16_05 

・体を起こして四つんばいになり、徐々にお尻を後ろに引いていきます。そのままジワーッと腰を伸ばします。2~3回行ないましょう。

Karada16_06 Karada16_07 Karada16_08

・顔を洗う前には、ゆっくりと1回前屈をします(立位体前屈の姿勢)。
朝なので当然体は硬いのですが、前屈したままゆっくりと上半身を左右に移動します。できるだけゆっくりと、4~5回行ないます。そうすると体が柔らかくなり、初めに前屈したときよりも手が下りるようになります。
腰も軽くなるでしょう。前屈で腰が痛む方は、無理に行なわないで下さい。ぎっくり腰の不安もこれで解消です。これらを是非スポーツ前に取り入れてみて下さい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中