その痛みにはワケがある 5

皆様こんにちは!院長の佐々木です。
今回は「その痛みにはワケがある」シリーズ5話目になります、お楽しみに下さい。

【7.ステロイドホルモン】

ステロイドホルモンは元来ストレスホルモンとして有名で、心理的ストレスがかかるとコンコンと分泌されます。

つまり、糖を継続的に摂取した時とストレスがかかり続けた時にステロイドホルモンは浪費されるわけです。

ステロイドホルモンは前回までのコラムでも述べたように血糖値や血圧の値を安定させる役割を担うので、副腎の疲労が糖尿病や高血圧の原因となっていることはあまり知られていないかもしれません。

ミネラルバランスを安定させるホルモンでもあるので、骨粗しょう症、腎臓機能にも影響します。

骨密度上げようといくらカルシウムを摂っても、甘い物を好んで食べ、ミネラルウオーターを摂らず、タンパク質も少なかったら、骨密度が改善するはずはありません。

アトピー性皮膚炎、リウマチ、食物アレルギー、じんましん、癌等の自己免疫性疾患は、糖の過剰摂取とストレスによる副腎の疲労によるステロイドホルモンの分泌不足に起因していると言えます。

内臓・粘膜・関節などの炎症を抑制するのもステロイドホルモンなので、副腎が疲労すると前述の症状も発症させてしまうのです。

各神経炎、例えば坐骨神経痛等の神経痛、痺れにも深く影響しています。

加えて、副腎の疲労とリンパの不活性は起床時の指や脇のこわばりを招き、リンパ節が集中している頚部・股関節疾患、膝に水が溜まる、外反母趾、節々・腰や背中・脊椎の関節の炎症も抑制できず、関節炎や痛みの原因となってしまいます。

 

お問い合わせ、お申し込み、御意見等お気軽にご連絡下さい!!
info@aoyamaseitai-ac.com  TEL・FAX03-3477-7009
動画はこちら    http://youtu.be/qIgwvMsIfwY
FaceBook始めました http://www.facebook.com/takuo.sasaki.9
日本徒手整体アカデミーHP http://www.aoyamaseitai-ac.com/
日本徒手整体トレーナー認定協会 http://www.kotuban.info
受講生の声はこちらの掲示板から http://aoyama.bbs.coocan.jp/
佐々木学院長の写真付コラムはこちら http://melmaga.toy-ken.co.jp/karada/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中