月別アーカイブ: 2017年9月

糖が及ぼす身体への影響と対策その10

前回のコラムから、痛みや病気に打ち克つ免疫力を養う方法をご紹介しています。
今回は、免疫力の指標となるリンパ球を、増やして活性化させる東洋医学的方法をご紹介します。

リンパ球が減り、不活性になる要因を整理してみます。

①交感神経優位な状態が続く
免疫細胞のうち、交感神経優位時には顆粒球が、副交感神経優位時にはリンパ球が活性化する。交感神経優位な状態が続く最大の要因は心因性=ストレス。

②糖の継続・過剰摂取
血糖値の乱高下により分泌されるステロイドホルモンは、リンパ節を萎縮させ身体を冷やす。糖自体も身体の糖化を招く。リンパや鉄分も糖化し、リンパの不活性や冷えを増長させ低体温体質になる。以上のことから、ストレスを減らして食生活を見直すことで、リンパ力は回復するということが分かると思います。また、リンパを生成する脾臓を養生すると、免疫力は大きく回復します。東洋医学では、足の親指の爪の生え際が脾臓を活性化するツボです。
糖が及ぼす身体への影響と対策 その10

写真1 足の親指 爪の生え際の内側(アーチ側)のポイントが脾臓を活性化する

100円ショップなどで購入できるツボ押し棒を使うと、効果的に行うことができるのでおすすめです。

糖が及ぼす身体への影響と対策 その10

写真2 100円ショップで手に入るものでよい

ちなみに、脾臓が弱ったり炎症を起こしている時は、左脇腹や左背中(肩甲骨の下あたり)が痛くなったり苦しくなります。そういう時は免疫力が弱っていたり、甘いものや果物を継続・過剰摂取していると言えます。一日1セット(2~3分)のツボ押しをします。風邪をひいていたり、痛みがあったり、何らかの病気に罹っている時は、何セット行っても構いません。左脇腹や左背中の違和感が消えるまで毎日続けると、免疫力=リンパ力が回復・強化されていきます。

 

広告

前回までは、糖が痛みや疾患に及ぼす影響について解説してきました。
癌の場合、無酸素状態でもブドウ糖をエネルギー源にして癌細胞が増殖していくことも述べました。癌細胞は毎日誰でも発生していますが、身体に備わる免疫システム(リンパ球が対応)によって無力化しています。
しかし、糖の継続・過剰摂取によってリンパ球が糖化したり、血糖値を安定させるためのステロイドホルモンがリンパ節を萎縮させることによって免疫システムの機能不全状態が続くと、癌細胞は増殖してしまいます。
また、糖化は身体の冷えの原因にもなりますが、冷えは交感神経を優位にし、リンパ球の活動を低下させます。
このように、
低酸素(ストレスによる呼吸の乱れ、姿勢不良、無酸素系の運動の継続等による)、
高血糖(糖の継続・過剰摂取)、
低体温(ストレスによる交感神経の比率の上昇や糖化による冷え)等が
癌を含む疾患の根本要因と言えます。

このような身体の状態、そして食生活を見直していくことで、痛みや病気に打ち克つ免疫力を養えます。今回からはその具体的対処法をご紹介していきます。但し、身体に問題が起こった場合、速やかに糖の摂取を控えたり減らすことを前提とした対処法となります。

①低酸素の身体環境を整える

ストレスを感じ続けると酸欠状態になります。思い悩むと前屈みになって呼吸が浅くなり、イライラすると無酸素運動時同様呼吸が乱れ、悲しみが続くとむせ返り、呼吸が乱れて低酸素になります。また、デスクワーク等で同じ姿勢が続いても、肋骨が固くなって呼吸が浅くなり酸欠になります。

ここでは、肋骨を広げて肋骨を覆う筋肉を弛緩させ、深い呼吸を取り戻すエクササイズをご紹介します。
布団や座布団を丸めて背骨の下に縦に敷き、仰向けになります。
健康器具として注目を集めているストレッチポールを使うのもいいでしょう。

66d6b8b86254d8e7aeea8e8fd655b44a

腕を横に広げて胸郭を広げ、大きく深呼吸をして、腕を上下にゆっくりと動かします。
d014e9dedff83ca78e657d77ac58f545

呼吸を意識しながらゆっくりとした動作をすることで、肋骨を覆う筋膜が緩みます。

8830f7a078128ca0d5ed4af7d680b861

腕を上げると痛みがある方でも、仰向けに寝て床の上で滑らせながら行うと、重力がかからず関節の負担が減って、比較的楽に動かせるのでお薦めです。糖化→石灰化によって関節が硬くなってしまった場合にもお薦めです。

3~5分行った後立ち上がると、胸が開き姿勢が改善され、肋骨を覆う筋肉が弛緩しているので、呼吸が楽になります。毎日行って低酸素体質を改善しましょう。
姿勢不良により肋骨が硬い状態で、酸素カプセルなどの酸素供給を行う健康器具を使用しても、効果が期待できないばかりか、活性酸素を発生させてしまいます。
まずは、酸素を取り入れる身体環境を整えましょう。

次回は、リンパ球を活性化させる方法をご紹介します。