月別アーカイブ: 2022年5月

第一肋骨の調整

今回は第一肋骨について解説します。第一肋骨は胸椎一番と連結している為、まず胸椎一番が変位を起こしていると考えます。形状が異なる頸椎と胸椎の境目に位置する為、あまり可動性は無く、しばしばトラブルを起こすポイントにもなりやすい箇所です。

上肢から手指外側の神経に繋がる神経根でもあり、ここに捻挫が起きると神経痛、痺れが起きることもあります。

ちなみに胸椎12番と連動し、同様に変位が生じることが多々あり、ロベットブラザーの法則と言われています。胸椎12番も腰椎との連結部で捻挫を起こしやすいのですが、大元は腎臓や副腎の内科的トラブルが原因で、椎間関節も結果として石灰化を起こしたり、高齢になると圧迫骨折を起こす箇所にもなります。

つまり、胸椎1番と肋骨の1番目の問題も腎臓や副腎トラブルを示唆しているともいえます。

第一肋骨は鎖骨の上、僧帽筋前部に位置し、上部から押すと肋骨が隆起しているのがわかり、圧痛も伴います。肋骨隆起側は正面から正中線で左右差を確認をすると、肩が下垂している側に起こっていることが多いようです。

椅子等に座位姿勢をとり、健側腋窩に膝をあてがいます。首は健側に回旋、少し伸展し、患側肋骨隆起ポイントを指で触れながら90秒程リラックス、静止します。90秒経ったら、できるだけゆっくり戻していきます。

重だるい肩こり、というより痛みに近い肩のこりの場合このように肋骨変位が生じており、頸椎や上肢の可動制限も生じることも少なくありません。痺れや寝違い様症状も起こることもあります。いくら筋肉を緩めても、この場合解消されない為、第一肋骨をしっかり調整することが求められます。

肋骨部の調整

前回までは胸椎の変位、その原因、そしてそれぞれの矯正法について解説してきました。

今回は肋骨の調整法について言及していきます。肋骨の痛みや炎症は背骨の横突起に近いに箇所の肋骨、胴体側面部分、そして胸骨側等に部位も分かれてきます。横突起に近い箇所は肋椎関節の捻挫や炎症、胸骨側は胸肋関節のトラブルの可能性もあります。いずれにせよ大元の胸椎に必ず変位が起こっていて、そこに連結する肋骨も必然的に変位から捻挫、炎症が生じることで疼痛の発現に至ります。

問題個所を触診するすると、隆起していて、または周辺全体に肋骨が膨らんでいたりします。背骨を中心に左が大きく膨らんでいたら脾臓つまり免疫系トラブル、右側なら肝臓の炎症に繋がることが多く、これは胸椎での解説の通りです。

正座の姿勢から肋骨変位側に坐骨をずらして横座りさせます。変位側(患側)の脇に術者の膝をあてがい、寄り掛かった状態にさせて脱力させます。健側へ頸椎をやや回旋そして屈曲位をとり、90秒程静止します。そこから脱力しながらゆっくり元の姿勢に戻します。