作成者別アーカイブ: 日本徒手整体トレーナー認定協会へようこそ

日本徒手整体トレーナー認定協会へようこそ について

東京都狛江市、世田谷区、川崎市、静岡県牧之原市の整体スクール、団体賠償保険、派遣事業、コンサルティング

季節から健康を考える 夏・秋偏

気温が高く日差しが強い夏は、熱中症が危惧されます。脱水やのぼせだけでなく、めまいや意識障害にまで及ぶ場合もあります。いつも以上に水分摂取を心がけ、空調等で室温のコントロールを図りたいところです。体温コントロールが難しいこの季節は、東洋医学では暑邪といった外因による疾患が起こりやすいと考えられています。

心臓疾患や高血圧、動脈硬化等の方は、温泉等の熱い環境では充分に注意をする必要があります。同様に、循環器系や神経系に疾患がある方にとっては、暑い夏は要注意の季節です。血液の循環や神経系を正常に戻すために、東洋医学では苦味のある食材が推奨されています。苦味は消化液の分泌を促し、消化管の働きを活発にし、小腸での栄養分の吸収を促進します。栄養は血液によって運ばれるので、小腸は臓器の中でも血流量が盛んな場所です。

心臓と小腸が東洋医学で陰陽の関係とされるのもそのためで、小腸の活動が血液の循環を活性化します。ゴーヤ、ルッコラ、ケール、春菊、ウコン、銀杏、魚のはらわた、コーヒー等には抗酸化作用、血管拡張作用、そして自律神経調整作用がありますので、夏場は特に苦味のある食材を積極的に摂取しましょう。

また、ビタミンEには抗血栓作用があるので、アーモンド、落花生、ウナギ、エンドウマメ等を、そしてビタミンB12には神経の修復・造血作用があるため、カキ、ニシン、サバ、豚肉、イワシ等も、夏場にはしっかり摂りましょう。卵、豚肉、ゴーヤを含むゴーヤチャンプルは最強の料理といえ、沖縄県民が長寿なのもうなずけます。

秋になると空気が乾燥してきます。粘膜で保護されている鼻や喉も乾燥によって保護作用が弱まり、乾燥する時季に発生しやすいウイルスにさらされやすくなります。東洋医学では、秋は肺や気管支がダメージを受けやすい季節といわれています。

粘膜にはリンパ球が備えられ、本来は抗体をつくって異物を撃退しますが、この季節は乾燥によってリンパの機能が落ちやすく、インフルエンザウイルスに感染しやすくなってしまいます。ただ、インフルエンザも風邪の一種なので、うがいと手洗いを心がけ、ウイルスの餌となる糖質を控えていれば、必要以上に恐れなくてよいと思います。実際に罹患すると普通の風邪よりも辛いので、流行の時季は、前述のように糖質を控える、睡眠をしっかりとる等、免疫機能を低下させないように心がけて乗り切りましょう。

東洋医学では、秋は白い食材と辛い食材が良いとされています。風邪をひいて喉に痛みがあるときには、大根、白菜、らっきょう等が炎症を鎮めてくれますし、さらに納豆、モロヘイヤ、山芋、レンコン、オクラ等ねばねばした食材もおすすめです。

涙や鼻水が出る程に辛味の強い唐辛子やわさび、山椒等には、粘膜を通して異物の進入を防いで排出する解毒作用があり、加えて保温作用もあるので、風邪をひきやすい乾燥した季節には食卓に頻繁に並べておきたいですね。

広告

季節から健康を考える その2

前回のコラムでは、季節から健康を考えるというテーマのもと、肝臓と春の関わりについて述べました。

今回は季節の変わり目、特に梅雨について考えていきます。日本では春と夏の間に梅雨がやってきます。湿度が高く蒸し暑い環境が、身体にどのような影響を及ぼすでしょうか。

飲食物への影響としては、湿度が高く蒸し暑い環境では菌が繁殖しやすく腐りやすいので、感染症のリスクが高まります。冷蔵庫や空調設備などがない時代、東洋医学では季節の変わり目、特に雨季は飲食物による影響で、一年で最も病気にかかりやすい、免疫力が低下する時季だと考えられていました。

身体への影響としては、湿気による汗で皮膚がべとつき、毛穴が塞がりやすくなるため、皮膚呼吸がしにくくなります。べとついた汗を放置すると身体が冷えます。これは濡れた水着を着ているのと同じ状態なので、冷房などの影響を受けやすく、身体が芯から冷えてしまうのです。また、梅雨の間には気温が低い日もあるため、その寒暖差で冷えのリスクが高まります。冬は防寒の意識が高く、冷えへの対策もそれなりに行えますが、蒸し暑いと薄着になることが多く、冷えには無防備です。

身体が冷えると免疫細胞であるリンパ球の働きが低下します。リンパは外敵となる異物やウイルスに加え、癌細胞に対しても抗体を作り撃退する重要な役割を担います。風邪もウイルスですが、そのウイルスは慢性関節炎、リウマチ等の難病、肺炎等の重篤な症状の原因にもなります。冷えは万病の元、風邪は万病の元と言われる所以はここにあるのです。

このように、梅雨は菌やウイルスによるダメージを受けやすく、その結果風邪から難病、そして癌を最も誘発しやすい要注意の季節なのです。

ちなみに、菌もウイルスも癌細胞も、その餌となるのは糖です。この時季はいつも以上に糖を控えるという意識を持つべきです。また糖は糖化することでリンパ節を萎縮させるので、決定的に免疫低下を招きます。体調に違和感を覚えたら、身体を温めること、糖を控えることを意識して、梅雨を乗り切りましょう。

また足の親指の爪の生え際(アーチ側)が、リンパを生成する脾臓の養生ポイントです。糖を控えると同時に、養生ポイントのツボ押しを行いましょう。

1s
親指の爪の生え際 ツボ押し棒で2~3分程押す

季節から健康を考える その1

今回のコラムでは、季節の変化に対する養生法を取り上げます。暖かくなり春風が吹いてくると新芽が一気に顔を出します。タケノコ、ゼンマイ、ワラビ等を好んで食される方も多いと思います。

栄養分をたっぷり含んだ新芽には同時に毒性もあるので、解毒する必要があります。その解毒を担うのが肝臓なので、東洋医学では春は肝臓が疲れやすく病みやすいと考えられています。

肝臓に負担をかけるものはアルコールや薬だけではなく、季節の食材の中にもあります。そんな食材を摂った際の解毒・分解を助けるのが酸味のある食品なので、酢の物などをしっかり摂りたいところです。

肝臓は疲労物質である乳酸などを分解する臓器ですから、肝臓の疲労によって乳酸などを十分に分解できないと、疲労を感じやすくなります。春は身体が重かったり、筋肉の疲労や凝りを感じている方がいつも以上に多いかもしれません。

肝臓は脂肪の分解も担いますが、その分解に必要な胆汁は胆嚢で生成されます。肝胆相極(かんたんあいきわ)まるという諺(ことわざ)があるように、肝臓と胆嚢は補完し合う密接な関係で、東洋医学でも陰陽(いんよう)の関係とされています。

身体のバランスを支える脚や胴体の外側の筋肉の疲労は胆嚢の反応とされ、その原因として、肝臓や胆嚢の負担・機能低下が考えられます。

腿の外側の筋肉が突っ張る、攣(つ)れる、痺(しび)れがある、肋骨外側の筋肉が硬くなる、こむらがえり、肋間神経痛等の症状も、肝臓や胆嚢の疲れが原因といえます。肋骨の硬さは胴体の硬さにつながり、肩・腕・首の可動域の制限・痛み・痺れ等を引き起こします。そして首の緊張は、頭痛の遠因にもなります。

このように見ていくと、頭部・首・四肢の可動域制限・緊張・炎症・痛みは胴体や肋骨の緊張によるもので、その原因は肝臓や胆嚢等、内臓の疲労と考えることができます。肩や首が痛いからと、その部位のみのレントゲンを撮ったり、鎮痛剤を服用しても、根本的な原因究明や解決にはなりません。

胴体のバランス・食習慣・ストレスなどが必ず絡んでいますので、総体的に見直す必要があります。漢方の処方は本来、そのような観点から調合されています。

私は、水200ccに大さじ1杯程米酢を入れて水で割って飲むことをお勧めしています。

また、足の親指や薬指の爪の生え際は肝臓や胆嚢の養生ポイントとなり、前記の症状に対して即効性があるツボなので、生え際を1~2分ツボ押し棒や指で刺激することも試していただきたいと思います。

ただ、何かを摂取するよりも、原因となる食物を控える、習慣を見直す、ストレスの原因を見つめ直すなどの方が回復は早く、先人が残してきた知恵の有効活用になるといえるでしょう。
新芽食材もほどほどに、酸味のあるものをこまめに摂取して、春を乗り切りましょう。

次回は土用の季節から健康を考えていきます。

大腿四頭筋を伸ばす

健康維持、体力の向上のために推奨されているウォーキングには、人体で最も大きな筋肉、大腿四頭筋(腿前面)を強化することで全身の血流を促し、基礎代謝や心肺機能を向上させる役割が期待されています。同じ効果が期待できるエクササイズとしてスクワットも挙げられます。

ウォーキングやスクワットには下半身の強化も期待できますが、これらの運動を行っただけでは、膝や腰の痛み、姿勢不良やフレイル(虚弱)を招く要因になってしまいます。

手軽にできるエクササイズのほとんどは筋肉を収縮させる屈曲動作であり、普通に立っているだけでも大腿四頭筋は収縮しています。筋肉が収縮すると関節が圧迫されるので、股関節や膝の関節が詰まります。収縮状態を放置すると、腰や膝が曲がって神経や血管を圧迫します。つまり、血流を促すための運動をしても、収縮=疲労のケアを行わないと血行不良になり、関節の痛みや歪みの原因となるのです。

椅子から立ち上がる、立位、階段の昇り降りなどで、大腿四頭筋は日常的に筋力トレーニングされていますが、収縮した筋肉をしっかり伸ばして弛緩させる必要があります。
大腿四頭筋のストレッチを行えば、ウォーキングやスクワット等の特別な運動をしなくても充分な強化になりますし、関節を痛める心配もなく、腰痛・姿勢不良の改善にも最適です。
是非毎日行ってみてください。

1)仰向けになり右膝を曲げ、左膝は外側に開いて曲げた状態で1分間キープします。右の大腿四頭筋が強力にストレッチされます。逆脚も同様に行います。

1
右腿大腿四頭筋ストレッチ
2
左腿大腿四頭筋のストレッチ

2)うつ伏せになり右膝を曲げ、足先を右手でつかみ、1分間キープします。
1)の動作がうまくできなかったり膝が曲がりきらず手が届かない方は、タオルを足首にひっかけて行うとしっかり伸ばせます。逆脚も同様に行います。

3
うつ伏せでの右大腿四頭筋ストレッチ
4
左大腿四頭筋のストレッチ
5
タオルを使って右側ストレッチ
6
タオルを使って左側ストレッチ

大腿四頭筋をストレッチすると、連動して骨盤内の股関節と腰椎をつなぐ腸腰筋も伸びるので、骨盤の矯正にもなり腰痛を改善できるのです。1)または2)の行いやすい方、または両方行っても構いません。もちろん私も毎日行っています。

◆日本徒手整体アカデミーHP <http://www.aoyamaseitai-ac.com/>
—— 日本徒手整体アカデミー 佐々木拓男・記

セラバンド療法 その4

前回に引き続き、日常生活では動かすことの少ない関節や筋肉に対して、セラバンドの収縮性を活かしたエクササイズをご紹介します。

○肩関節の屈曲+水平外転

1)セラバンドの両端を軽く握り、頭上に持ち上げます。
2)1, 2, 3, 4のリズムで息を吸いながら頭の後ろに下ろします。

1
1. 頭上に持ち上げる
2
2. 頭の後ろに下ろす

3)下ろしたら、そこから更に胸を広げ肩甲骨を寄せます。
4)5, 6, 7, 8のリズムで息を吐きながらまた頭上に持ち上げます。

3
3. 肩甲骨を寄せて胸を張る
1
4. 頭上に上げる

この動作を5~10回行います。肩に痛みがある方は下ろす位置を高めにしても構いません。
関節が硬い方でもセラバンドが伸びることで2)の動作が可能になります。
特に3)の胸を広げ、肩甲骨を寄せる動作は日常生活ではほとんど行われない為、肩や肋骨、鎖骨などの関節が潤滑され可動域が広がり、姿勢の矯正にもなります。

○肩関節の伸展

5)左の足首にセラバンドの端を結び、逆側を左手で持ちます。
6)上半身はしっかり起こし、左腕を1, 2, 3, 4のリズムで後ろ側に引き上げます(肩の伸展)。

5
5. 足首に縛る
6
6. 肩の伸展

7)そのまま腕を外側、内側と捻ります。
8)5, 6, 7, 8のリズムで腕を胴体の横まで戻します。

7
7. 外側に腕を捻る
8
8. 内側に捻る

この動作を5~10回行います。腕を前から上に挙げる屈曲動作が痛い方は逆にこの伸展動作を行うことで屈曲も徐々に楽に行えるようになります。
7)の捻る動作は肩のインナーマッスルを刺激します。この動作も日常生活でほとんど行うことがなく、肘や肩に違和感がある方には特におすすめで、関節の可動域を広げます。

◆日本徒手整体アカデミーHP <http://www.aoyamaseitai-ac.com/>
—— 日本徒手整体アカデミー 佐々木拓男・記

セラバンド療法 その3

前話に引き続き、セラバンドを使用したエクササイズをご紹介します。

セラバンドを使ったエクササイズでは、日常生活であまり使われない筋肉をトレーニングします。

今回は、大腿二頭筋といわれる大腿部裏側の筋肉にスポットを当てます。表側の大腿四頭筋は、立ち上がりや歩行は勿論、階段の昇り降りなど、日常的に頻繁に使われるので、無意識のうちに鍛えられています。
対する裏側の大腿二頭筋は、使用頻度が低いため、大腿四頭筋に比べて筋力低下を招きやすく、その結果大腿部表裏の筋力拮抗作用にアンバランスが生じて、膝関節や姿勢に影響を及ぼします。

筋力の弱さは硬さと同義なので、大腿二頭筋が硬く縮んで大腿部表裏の筋力バランスが極端に崩れると、膝関節が伸びなくなり、脚が屈曲したまま膝関節が歪んでしまいます。
そうなると日常的なつま先への加重により、足裏・脛・ふくらはぎの筋肉が硬くなり、足首の可動性が失われます。その状態が続くと、膝痛が起きたり、骨盤の動きが制限されることで腰が伸びなくなり、腰痛や姿勢不良を招いてしまいます。

1
表裏の拮抗バランスがとれていると膝はまっすぐ伸びる
2
裏側の大腿二頭筋が収縮し、膝が伸びきらなくなる

仰向けに寝て脚を伸ばした時の膝関節の痛みは、前述の、膝関節が日常的に伸びきっていない方に多く見受けられます。

歩行時に前へ進む推進力を生み出す筋肉は、大腿二頭筋や臀部等の下半身裏側の筋肉群です。陸上の短距離選手は、大腿部前面よりも大腿二頭筋を重点的に強化します。

膝の違和感、歩行スピードの低下や姿勢不良が気になり始めた方は、セラバンドによる大腿二頭筋のエクササイズで、大腿四頭筋との拮抗バランスを改善させましょう。

セラバンドの片端を椅子等に、もう片方の端を足首に固定し、膝の位置をなるべく変えずに、そのまま膝を曲げていきます。セラバンドの抵抗によって大腿二頭筋が強化されます。

ゆっくり膝を伸ばして元の位置に戻します。1, 2, 3, 4, のリズムでゆっくり曲げ、5, 6, 7, 8, のリズムでゆっくり戻します。5~10回毎日行います。

3
セラバンドを足首に固定
4
ゆっくり膝を曲げていく
3
ゆっくり元に戻す

セラバンド療法 その2

前回のコラムでは、セラバンドというリハビリ用アイテムを使用して肩のインナーマッスルや関節を調整する方法をご紹介しました。

今回は、股関節のインナーマッスルの調整法をご紹介します。股関節というと、開く=開脚することが骨盤やO脚の矯正になったり、冷えやむくみを解消したりするので、健康には良いと言われてきました。開脚に特化した健康本も人気があるようです。

しかし、開脚の柔軟性を向上させても骨盤の矯正にはつながりません。単純に開くだけでは骨盤の左右のバランスは解消されず、骨盤が歪んだまま股関節だけ柔軟になるので、股関節の亜脱臼を引き起こします。開きすぎると骨盤前部の恥骨が歪み、脚の付け根の「引っかかり感」が増長されます(http://melmaga.toy-hoken.co.jp/karada/2014-08-20-1212.php参照)。

骨盤に付着している股関節の骨頭部(こっとうぶ)は球状なので、開脚方向(外転(がいてん))だけでなく、内側(内転(ないてん))や回旋方向(外旋・内旋)、脚の前方(屈曲)、後方(伸展)にも動きます。股関節だけ一方向に広げようとすると、関節の形状は歪(いびつ)になり、炎症や痛みを引き起こしてしまいます。また股関節は、骨盤を含む胴体と連動した動きを伴わないと、身体機能の向上にはつながりません。

そもそもO脚や冷え・むくみの原因は糖の継続・過剰摂取なので、食生活を変えないと改善しません(http://melmaga.toy-hoken.co.jp/karada/2014-04-18-1177.php参照)。骨盤は自転の影響で必ず歪むので、ストレッチを行ってもすぐに元に戻りますし、歪んでいても弊害はありません(http://melmaga.toy-hoken.co.jp/karada/2015-07-20-1318.php参照)。

肩関節同様、股関節を単独で動かして身体機能を向上させたり痛みを改善させるには、インナーマッスルを効果的に鍛える必要があります。

椅子に座り、セラバンドを足首に巻きます。

01
1. 椅子と脚をセラバンドで結ぶ

膝を少しだけ持ち上げ、膝から下をゆっくりと内側に少し曲げます。

02
2. 膝を少し持ち上げる

03
3. 膝を支点に内側へ曲げていく

ゆっくり戻したら外側にもゆっくりと曲げ、またゆっくりと戻します。

04
4. 膝を支点に外側にも曲げる

股関節の靭帯や恥骨筋、梨状筋等のインナーマッスルを鍛え、関節を正常な位置へ矯正します。

上記1から4を左右の股関節に5回ずつ行います。