作成者別アーカイブ: 日本徒手整体トレーナー認定協会へようこそ

日本徒手整体トレーナー認定協会へようこそ について

東京都狛江市、世田谷区、川崎市の整体スクール、団体賠償保険、派遣事業、コンサルティング

糖が身体に及ぼす影響とその対策 その5

前回のコラムに引き続き、糖化が身体に及ぼす具体的な影響について解説します。

◎ アレルギー

花粉症、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーなどのアレルギーも、糖の継続・過剰摂取が原因です。自己免疫疾患の典型的な症状のひとつであるアレルギーは免疫細胞であるリンパ球の不活性やその減少が原因で起こりますが、これはリンパを生成する脾臓が弱っていたり炎症を起こしたりしているからです。リンパは外部から進入した異物はもとより、体内のがん細胞に対しても抗体をつくって無力化するので、「免疫力がある」とはリンパ力があること、といえます。リンパの働きに個人差があるのは、糖の継続的摂取量、またストレス時等に発生しやすい炎症の抑制作用や血糖値のコントロール作用をもつステロイドホルモンの分泌頻度が鍵を握るからです。

糖はあらゆる細胞と糖化しますが、リンパ球と糖化するとリンパの不活性が起こり、免疫低下の決定的要因になります。

また、ブドウ糖・果糖などの単糖類、砂糖などの二糖類は、分子構造がシンプルなため急激に血糖値を上昇させますが、上昇が速い分急激に下降します。巷では、糖は身体活動のエネルギー源といわれているようですが、持続性や耐久力に乏しいために当てはまりませんし、脳の活動に良いというのも大きな誤りです。血糖値の急激な下降は、副腎に危険を認識させ、再び血糖値を上昇させます。この役割はステロイドホルモンが担うため、糖を摂取する毎にステロイドホルモンを分泌し続ける副腎は疲労するのです。

ステロイドホルモンはストレスを感じたときにも分泌され、血糖値を安定させ、血管や内臓等の炎症(ストレスにより交感神経が優位となり、活性酸素が発生して細胞を傷つける)を抑制する働きを持っています。しかし、ステロイドホルモンは炎症を抑える際に身体を糖化させ、冷やし、リンパの働きを抑制し、リンパ節も萎縮させます。つまり、糖の摂取は糖化と同時にリンパ力の低下を招くため、免疫力を決定的に弱め、アレルギー体質の原因となるのです。果物や菓子類を絶ち、ごはんや麺類等の炭水化物の摂取割合を抑えることで副腎の疲労は回復し、リンパ球を生成する脾臓も機能を取り戻し、アレルギー症状は徐々に改善します。

身体の機能を一定に保つ自律神経系は、交感神経系(緊張、筋・血管収縮、心拍上昇等)と副交感神経系(弛緩、内臓活動、血圧や心拍安定)で成り立っています。同じ免疫活動でも、交感神経が優位だと白血球内の顆粒球細胞が主に稼動し、副交感神経が速やかに活動していれば白血球内のリンパ球細胞が主に稼動します。つまりアレルギー反応は、交感神経優位な状態で顆粒球が主に活動しているということです。
糖が及ぼす身体への影響と対策

顆粒球は菌を撃退しますが、その際に活性酸素を発生させて周辺の細胞を傷つけ、炎症を起こしやすくします。皮膚炎などはまさに交感神経系=顆粒球系の仕業です。

交感神経優位の状態を招く主な原因はストレスですが、糖の摂取もそれに拍車をかけます。気管支喘息や肺炎も、糖を絶つことで克服することが可能です。鼻や喉、気管の粘膜にはリンパ球が付着してウイルスをキャッチするので、糖を絶ってリンパ力を取り戻すと同時に、粘膜を形成するビタミンA等の補給が必要になります。

糖は糖化する性質をもつ

“糖は糖化する性質をもつ”

今回のコラムでは、糖の影響による症状のメカニズムを分かりやすく解説していきます。

糖は非常に粘着性が強く、あらゆるものと結合して機能を低下させる「糖化」という性質をもっています。
身体に必要なエネルギーとしての糖は、体内に貯えられたたんぱく質から生成される(=糖新生)ので、炭水化物(=糖)の摂取割合を多くするべきではありません。
摂取後に運動によって糖を消費できると考え違いをされている方が非常に多いのですが、エネルギーとして使い切れない炭水化物と余分な糖(果物やスイーツ、ジュース、スポーツドリンク等)は、あらゆるたんぱく質と粘着して以下に述べる糖化産物へと合成されます。ですから、ダイエットや健康目的のカロリー計算にはあまり意味がありません。

ここからは、関節系、筋肉系、アレルギー、冷え性、むくみやリンパ浮腫、神経痛、生活習慣病、婦人科疾患の項目毎に、糖化の具体的な影響について解説していきます。

 

・関節痛の場合…
関節の軟骨や靭帯が糖化すると、関節の可動域が制限され、長期的に圧迫がかかるため、軟骨が磨り減ったり、肩・股関節・膝等に石灰化による炎症や痛みを起こし続けます。石灰化は関節部への長期間の圧力と糖化、そしてそれによるリンパや血流不全からくる長期的炎症等の条件が重なることで、軟骨がリン等に変性して起こります。高齢者に多い円背(極端な猫背)等の姿勢不良、側湾症、ヘルニアやぎっくり腰も、背骨を支える靭帯・脊椎軟骨・椎間板の糖化とストレスが原因です。
水分不足と糖化は脊柱間狭窄症を招きます。指先の変形、手首や足首の炎症や痛みは酷使によると言われていますが、それらも靭帯の糖化が原因です。
骨の生成を促すビタミンDの代謝促進は腎臓が担い、ミネラルをコントロールするステロイドホルモンは副腎から分泌されます。糖の継続・過剰摂取は腎臓の機能を低下させ、副腎の疲労を増長させるので、骨や軟骨の形成不全や骨密度の低下を招き、老人性股関節症や膝関節症、外反母趾やO脚の根本原因となります。高齢者に多い圧迫骨折はたんぱく質と水分の不足が原因ですが、糖化による骨密度の低下もその一因と言えるでしょう。
オスグットシュラッター病と言われる膝痛を含む関節痛全般(他、足首や股関節)が成長期に見受けられる場合、総称して成長痛と言われています。これらは過度の運動による負荷が発育途中の筋肉や関節にかかり続けることが原因と言われていますが、前述した高齢者の関節痛発症パターンと同様、ストレスと糖の継続、過剰摂取による軟骨や靭帯、成長ホルモンやステロイドホルモンそのものの糖化や、分泌不足が原因なのです。ステロイドホルモンが不足すると、あらゆる炎症(=痛み)を抑制できなくなり、腱鞘炎を含む関節痛を招くからです。手の指の関節が変形したり痛みが出るのは、使いすぎ、酷使が原因と言われていますが、靭帯や骨の糖化による変形であり、酷使は炎症を増長させる要因の一つに過ぎません。

 

次回は、糖化による筋肉系トラブル、アレルギー、冷え性やむくみ等のメカニズムについてお話します。

◆日本徒手整体アカデミーHP <http://www.aoyamaseitai-ac.com/>

福井市に整体サロン「美和」オープン♪

皆様こんにちは!院長の佐々木です。

この度福井県福井市にて当校卒業生の生徒さんが整体施術院をオープン致しました!

住所は福井市宝永3-31-2 「整体salon美和」となります!

詳細はこちらをご覧ください♪→https://www.facebook.com/salon.kojima/

院長の小島千秋さんは、スクール生時代から大変勉強熱心で、過去の卒業生の中でもセンスも1,2を争うくらいの才能を持っている方です。ほんとうにイチオシです。

素直で読書家で身体の使い方、センスが抜群です。調理師の資格もあり、栄養アドバイスもしっかり聞けると思います。

当校を卒業後、青山のサロンの店長をいきなり務めてしまうほどで、人間性も技術も素晴らしいものを持っているんですね。

お近くの方は是非ともお立ち寄りくださいね♪

これからの飛躍間違いなしです。

多くの方を安心させ幸せにする前向きパワーが何よりも凄い。やっぱりセラピストはこうでなきゃ!

小島さん、顔晴ってくださいね♪

本年も宜しくお願い申し上げます

━━━━━━
本年も明け、1月も下旬となってまいりましたが、今年も何卒宜しくお願い申し上げます。移転等諸々作業で、すっかり更新も滞ってしまいました。糖に対するコラムを続けてまいります!
━━━━━━.
前回までは、一般的な糖に対する認識の違い、よくある誤解について述べてきましたが、今回からは糖が実際に身体に及ぼす影響について解説していきます。

結果には必ず原因があります。そして、病気の原因のほとんどは糖なのです。

遺伝子研究が進んで病気遺伝子を解明しても、あらゆる病気の基本メカニズムには糖が絡んでいるので、発症したら速やかに糖を除去しなければ、病気の改善は困難です。
また、予防の為のこまめな血圧測定も、服薬も、健康診断も、予防接種も、糖に対して無防備だと徒労に終わってしまいます。

日常的な運動習慣も、こまめなサプリメント摂取も、糖を無意識に摂っていたら逆効果になることもありますし、そもそも運動で体質改善はできません。
トップレベルであっても、怪我の多いスポーツ選手は、糖の弊害に対する知識を持ちあせていないことが多く、果物などを習慣的に摂っていることがあります。
特殊な動作や過度の疲労が損傷を増長させることがあっても、やはり糖が原因なのです。筋肉系の障害、股関節等の疾病、甲状腺機能障害のような内分泌系疾患を多発するアスリートは、糖の弊害をもっと知るべきです。消費カロリーが多くても、糖の弊害を避けられません。
スポーツをしている児童によく見られる関節の成長痛も、実はストレスと糖の問題です。(成長痛という言葉が誤解を招き、原因の真理を遠ざけていると思いますが。)身体を大きくしようと一生懸命白米を摂取している若きアスリートを見ていると、非常に残念に思います。

食品の組み合わせ、栄養不足、水分不足、太陽光不足、アルコール・薬の常用度合い、そしてストレス等がどのように組み合わさるかによって、疾患の現れ方が分かれてくるのです。勿論、糖の蓄積度合いにもよります。

マスコミの報道やコマーシャルに惑わされず、食生活を改善させることが、難病克服にも役立つはずです。次号からは、糖の構造、働き、組み合わせ等を考察しながら、人体への影響を解説していきます。

私が施術してきた様々な炎症、関節痛から神経痛、慢性筋肉痛などの痛み、整形外科的疾患(表①)といわれる症状も、加齢や運動不足などではなく、根本的には糖との係わりが大きな原因です。インフルエンザ、流行風邪、消化器系(表②)、自己免疫疾患(表③)、皮膚疾患(表④)、婦人科疾患全般(表⑤)、生活習慣病(表⑥)等にも糖が決定的に係わりますし、精神疾患(表⑦)にも実は糖が係わります。

その他、難病(表⑧)にも糖が深く係わっています。そして癌・・かなりの疾患メカニズムに糖が影響しているのです。fb_img_1485226452497

今年も一年誠にありがとうございました!

皆様こんにちは!

当院ならびにアカデミーは昨日をもって本年の営業を終了致しました。
今年も一年公私ともに様々なことが目まぐるしく起こりました~。
皆様はどんな一年になりましたでしょうか?

私事ではございますが、書籍の出版は大きなイベントであり、節目となりました!大学教育出版並びに遠井保険事務所様は勿論、今日まで出合い、お越しいただきました全ての方達、アカデミーや協会の仲間達のおかげです。改めてこの場を借りて深く御礼申し上げます。

来年以降、場所も新たに、更なる精進に励んでいく所存です。

今後とも何卒宜しくお願い致します。

来年は6日始動です(準備諸々の為!)。

どうか皆様、良いお年をお過ごし下さい。

協会移転と新施術スペースのお知らせ

  平成29年1月1日より日本徒手整体トレーナー認定協会の本部事務局は移転致しました。

今までの渋谷区円山町から神奈川県川崎市へと移転します。

    ● 協会本部事務局及び川崎スクール

             兼 施術スペース    

      小田急線向ヶ丘遊園駅 徒歩5分   

         JR南武線登戸駅 徒歩8分  

     神奈川県川崎市多摩区登戸2851-12

           

   また、スクール開催場所、施術スペースは以下がメインとなります。

 ● スクール世田谷2号館女性専門整体       「花なり」      

      世田谷区船橋1-28-12   

    小田急線千歳船橋駅から徒歩3分              

 

    ●  狛江スクール兼施術院スペースⅠ      

         小田急線狛江駅徒歩2分      

        東京都狛江市元和泉1-1

                         ● 狛江スクール兼

 

       施術スペースⅡ   

        小田急線狛江駅徒歩5分   

       東京都狛江市和泉本町1-36-2

              

 今までは日本徒手整体トレーナー認定協会、日本徒手整体アカデミー、施術院と兼務してまいりましたが、協会の事業多角化により協会事務局とスクール、施術院の拠点を分割していくことになりました。  

 18年以上の長きに渡り渋谷区神泉町にてご愛顧 頂いた近隣の皆様にはご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。  

 今後は世田谷と狛江、川崎市にて施術、スクールの開催を併用してまいりますこと何卒ご理解下さい。 連絡先は050-3479-0409 となります。

 お気軽にお問い合わせ下さい!

屈筋と伸筋 その3

皆様こんにちは!理事長の佐々木です。

屈筋と伸筋シリーズの最終話となるその3を解説してまいります。

前回までのコラムでは、痛みや姿勢不良の原因が、伸筋群より強い屈筋群を多く使うことによる拮抗作用のバランスの崩れが、歪みを増長して関節や筋肉を圧迫することであること、そして伸筋系の動作や運動を意識的に行う必要性と、上肢の伸筋の動きや胴体との連動性を加えた動きの重要性を具体的に解説しました。

「屈筋と伸筋」シリーズの最終話となる今回は、下肢の伸展動作の重要性について解説します。

腿を左右それぞれ屈曲(腿を上げること)し、上げにくい側を確認します(①②)。

①  dsc_0128

② dsc_0129

・    腿を上げにくい側の胴体前部、つまり大腰筋を伸展させてストレッチします(③)。

(写真では左腿が上げにくい場合とその対処法)

③ dsc_0130

・    さらに腿の筋肉と連動する胴体の骨盤側面を伸ばします。伸ばす側の脚を後ろに引いてクロスして立ち、骨盤を横にスライドさせ、胴体を逆側に伸ばします(④)。

④ dsc_0131

もう一度腿を上げて(屈曲)比べると、上げやすくなります(⑤)。

⑤ dsc_0129

このように、屈曲動作の可動性を向上させるには、まず弱い側の伸筋をしっかり伸ばすことが必要で、骨盤や胴体を連動させた動き作りが基本になります。

「屈筋と伸筋 その2」で言及した「腕の屈曲」、そして今回の「腿の屈曲」のいずれも日常生活で多用する動きですが、屈筋動作ばかりを繰り返し行うと関節に負担がかかり、筋肉が収縮して硬くなり、痛みと姿勢不良を招いてしまいます。

高齢者の機能訓練や転倒予防運動、リハビリの現場などでは、屈曲稼動域を維持することを目的にしています。その趣旨自体は良いと思いますが、屈曲動作を繰り返し行ったり、座位によって胴体を固めて行う動作が多くなる傾向にあります。

そこで前述のように、日常生活ではあまり使わない伸筋動作を意識的に行い、伸筋動作と胴体の動きを連動させることにより、関節に負担をかけずに屈曲可動域を維持・向上させることができます。そして関節の動きが滑らかになり、痛みが緩和されて姿勢も改善すれば、介護職員やご家族の負担が減り、介護職員不足の問題にも高齢者の機能向上や姿勢改善にも寄与できると思います。

伸筋の稼働率を上げること、胴体のしなやかさを養うこと自体が機能訓練である、と言っても過言ではありません。