カテゴリー別アーカイブ: Uncategorized

口腔環境を整える その4

このシリーズの最後として、口腔環境を整える歯磨きについて説明します。

歯ブラシは強く握らず、鉛筆持ちで添えるように持ちます。
前歯はまず小刻みな横磨きでやさしく、次に縦に3分割で磨きます。

1
1. 小刻みに横磨き
2
2. 縦磨きは3分割で行う

前歯の裏側は、下から上に歯ブラシを動かして磨きます。

3
3. 下から上に動かす

奥歯は、細かくソフトに歯ブラシを動かします。

4
4. 奥歯内側
5
5. 奥歯外側

歯磨きをするタイミングで構いませんので、口腔内をしっかり鏡で観察してください。

そのポイントは、食べかすが残っていないか、上顎内に痰がついていないか、舌に苔などの汚れがついていないか、虫歯や歯の揺れがないかなどです。

これらの結果で口腔内の保湿状況がわかります。乾燥していると、睡眠時の口呼吸によって気管支に問題がおきていたり、唾液の分泌が正常でない可能性も考えられます。

食べかすが細菌と混ざると舌のコケになります。虫歯があるとしっかり噛めなくなることがありますし、虫歯は糖質の過剰摂取などの栄養摂取の偏りを示唆します。口腔環境を整える上で、しっかり正しく歯磨きを行うことが大切なケアとなります。

補足ですが、加齢などによって歯が失われた場合に、元々歯があった部分やその周囲の硬組織で、入れ歯が入るスペースを、デンチャースペースといいます。

歯が抜けたまま放置していると、噛み合わせのバランスが崩れ、徐々にデンチャースペースが上下顎で変性し、噛み合わせが更にアンバランスになり、骨化して入れ歯の装着が困難になってしまいます。そうなると唾液の分泌不足が生じたり、しっかり噛めなくなることで栄養の吸収が悪くなったり、会話がしにくくなったりして、口腔環境は悪化してしまいます。

放置せず早めに歯科医に相談することをお勧めします。

口腔環境を整えることの必要性とその方法を述べてきましたが、改めてご自身の口腔内の健康チェックをしてみてください。

  • むせることがある
  • 唾液がたまりやすい
  • 口が渇く
  • 飲み込みにくいことがある
  • 硬い物が噛みにくくなった
  • 舌に白いコケがついている
  • 声が変わった
  • よく咳をする
  • 食事を残すことが多くなった
  • 体重が減った

当てはまる項目が複数ある方は、口腔機能の低下によって身体機能も低下していると思われますので、口腔環境をしっかり整えるように努めましょう。

広告

口腔環境を整える その3

口腔環境を整えることの重要性、そして具体的な対策として嚥下能力(食物を飲み込む力)を上げる為の首や舌の運動と発声方法をご紹介致しました。

嚥下能力の向上を目的とした発声練習は食物をしっかり噛んで、噛み砕き、唾液と混ぜ合わせて飲み込みやすい大きさや固さにして飲み込む運動=咀嚼の力を養います。この咀嚼運動は顎関節や咀嚼筋、表情筋が関わってきます。

これらには顎神経、三又神経等を通して脳へ刺激を伝えます。脳への情報を伝えるのは手からが25%、足が25%、そして顎からは50%を占めます。大脳の働きと大きく関係し、認知機能にも影響を及ぼすのです。

大脳との関わり以外でも咀嚼は唾液の分泌を促すことで、でんぷんの分解により飲み込みをスムーズにしたり、肥満の予防をします。また口内乾燥を防ぎウイルスや細菌感染の予防、更に唾液がパロチンというホルモンになり皮膚や歯、内臓、血管等の生成を促進する作用等も持ちます。

このように咀嚼は非常に大きな役割を持ち、嚥下能力の維持、向上には欠かせません。

ここで現在の嚥下能力をテストしてみましょう。

喉ぼとけに中指で軽くふれて30秒間唾液を飲み続けます。

30秒で2回以下の場合は嚥下機能に何らかの問題があり、3回以上だと正常といえます。いかがでしたでしょうか?

普段しっかり咀嚼運動を行っていない方は2回以下かもしれません。

ここからは咀嚼力を上げる為のエクササイズと、唾液の分泌を促すセルフマッサージをご紹介致します。

片手を額に当てます。頭を前に倒そうと軽く力を入れていきます。その力に対して額に当てた手で抵抗します。頭は実際には動かさず保持したまま抵抗を掛け合います。

1回で10秒を3~5セット行います。喉ぼとけは年齢と共に下がってきて飲み込む力も低下するので発声練習や舌の運動等とセットで行い嚥下能力を養います。

次に咀嚼に欠かせない唾液の分泌を促すエクササイズをご紹介します。

1)耳たぶの前、奥歯の辺りを10回、円を書くようにマッサージします。

写真1 写真2
中、人指し、薬指の3本でやさしく行う

2)耳の裏から顎の下までの唾液を分泌する顎下腺を指で押していきます。
これを2往復行います。

写真3 写真4
3本の指で軽く指圧していく

写真5 写真6
顎の下は親指で指圧する(10回押す)

このように発声練習や首、舌の運動を行って咀嚼機能の維持、向上を心がけ、さらに表情筋を刺激する等して嚥下能力を養いながら口腔機能の低下を防ぎましょう。

口腔環境を整える その2

前回のコラムでは、口腔内の衛生環境と健康寿命との強い相関、疾患や身体バランスとの関係について説明しました。

今回は具体的な口腔ケアのひとつ、飲み込む力を養う嚥下体操をご紹介します。

1. 鼻から吸って口から吐く深呼吸を3回行います。

2. 左右交互に2回ずつ首をゆっくり倒します。

3. 左右交互に2回ずつ首を捻ります。

4. 「あ~っ」と声に出します。2回行います。

5. 「う~っ」と声に出します。2回行います。

6. 「い~っ」と声に出します。2回行います。

7. 頬を膨らませます。2回行います。

8. 頬をすぼめます。2回行います。

9. 舌を出して「べ~っ」と声に出します。2回行います。

10. 左の唇を舌で触れます。続いて右の唇を舌で触れます。2セット行います。
0102

11. 上の唇を舌で触れます。続いて下の唇を舌で触れます。2セット行います。
0304

12. 「パ、ピ、プ、ペ、ポ」と大きく声に出します。3回行います。

13. 「パ、タ、カ、ラ」と大きく声に出します。3回行います。

特に13の「パ、タ、カ、ラ」と発することには、以下のような意味があり重要です。

「パ」と発することは唇を閉める筋力を鍛え、食べ物をこぼさない役割を補助することになります。
「タ」とはっきり発することで舌が上顎にくっつき、舌の筋トレになります。物を押しつぶしたり飲み込む力を鍛えます。
食べ物を飲み込み食道の奥へと流し込む力は、「カ」と発することで養えます。誤嚥防止トレーニングになります。
「ラ」と発することは、食べ物を喉の奥へと運ぶためのトレーニングになります。飲み込みやすくなります。

これらのトレーニングは誤嚥防止として食前に行うことをおすすめしますが、普段から習慣的に行うことで嚥下能力の衰えを予防できるので、時間があるときに一日数回行いましょう。

次回は唾液腺の能力向上と歯磨きについてご説明します。

info@aoyamaseitai-ac.com

TEL050-3479-0409 2号店「花なり」公式サイト http://www.seitaihannari.com/

日本徒手整体アカデミーHP http://www.aoyamaseitai-ac.com/

日本徒手整体トレーナー認定協会https://nihontoshuseitai.wordpress.com/

受講生の声はこちらの掲示板から                    http://shinsenseitai.cocolog-nifty.com/photos/impressions/index.html

口腔環境を整える

皆様こんにちは!院長の佐々木です。

今までのコラムでは、栄養や水分の正しい摂取の必要性を述べてきました。

そしてそれらをより効果的に摂取するために、栄養摂取の第一歩となる口腔環境と口腔内ケアについて述べていきます。
口腔環境とは、口内の衛生状態、虫歯・歯周病・歯槽膿漏の有無、歯の本数、入れ歯の有無、噛み合わせ等を指します。

歯をしっかり磨けていなかったり、口内が乾燥してしまうと、虫歯の原因菌が活発化してしまったり、さらに交感神経優位な状態が続いて疲労が蓄積すると、黄色ブドウ球菌等が活性化して感染を招きます。

また、口内の粘膜の乾燥はリンパ球の機能を低下させ、ウイルスや細菌への感染や、アレルギー疾患の原因となります。

口内の衛生環境は、身体を守る免疫力に大きく関与してくるので、こまめな水分摂取が必要なのです。

歯周病や虫歯を放置すると、歯が少なくなり、咀嚼力に影響します。摂取できる栄養に偏りが出て、ビタミン不足により抗酸化力が弱ったり、タンパク質不足により低栄養状態になったりして、あらゆる病気に対するリスクが高まり、骨粗しょう症をも招きます。

咀嚼そのものは脳の血流にもダイレクトに影響を及ぼし、認知症の引き金になります。また咀嚼力の低下により軟らかいものを好むようになると、甘いものの摂取量がさらに増えてしまいます。

さらに歯が減り、衛生状態が悪化し、糖摂取量が増加すると、糖化による糖尿病・動脈硬化・心臓疾患等生活習慣病の要因になります。

咀嚼力の低下は、唾液をつくる働きを弱めて消化活動に支障をきたし、食物や水分を飲み込む「嚥下」能力を低下させます。そのため高齢者に多い誤嚥性肺炎のリスクを高めます。

歯が減っても入れ歯で補えていれば良いのですが、そうでなければ噛み合わせに影響を及ぼし、顎関節の歪みは首を歪め、やがて身体バランスを崩すことにもなります。その結果転倒しやすくなり、骨折や寝たきりの遠因にもなってしまいます。

このように、口腔内環境は健康寿命と大きく相関しており、決して軽視できない要素なのです。次回は口腔ケアの具体的方法について解説していきます。 お問い合わせ等、御意見等お気軽にご連絡下さい!!
info@aoyamaseitai-ac.com  TEL050-3479-0409 2号店「花なり」公式サイト http://www.seitaihannari.com/ 日本徒手整体アカデミーHP http://www.aoyamaseitai-ac.com/ 日本徒手整体トレーナー認定協会https://nihontoshuseitai.wordpress.com/ 受講生の声はこちらの掲示板から http://shinsenseitai.cocolog-nifty.com/photos/impressions/index.html

水分摂取の注意点

暑さが厳しくなる中で、熱中症の予防のためには、いつも以上に水分の摂取を心掛けたいものです。自宅でも屋外でも、熱中症の一番の要因はやはり水分不足です。

今までのコラムでも、普段から2リットルの天然水を摂ることをすすめてきましたが、水分摂取の習慣がないと、急に夏バテや熱中症予防に水分の摂取を!と言われても、2リットル近くの水分の摂取はなかなかできるものではありません。

そこで、水分摂取の必要性を、熱中症予防に限らず、改めて挙げてみます。

  • 血液の粘性を防ぐことで、脳梗塞や心筋梗塞等の要因となる血栓を予防。
  • 加齢により減少する体内水分量を補うことで、肌のみずみずしさを保つとともに、脳の血流を維持できるので認知症予防にもつながる。
  • 口内の渇きを防ぐことで、口臭を予防し、嚥下機能を維持。
  • 腎臓の濾過機能を正常に保つことで腎機能の低下を防ぎ、透析を予防。
    加えて、腎臓・ビタミンD生成・脊髄神経・背骨・各関節等の機能維持にも直結するため、姿勢維持に貢献し、ヘルニア・脊柱管狭窄症・硬化症・石灰化等による腰痛や各関節症予防・改善につながる。
  • 大腸の環境を整える。

ただし、水分を摂取する上で注意すべきポイントもあります。

    • 前述のように、水分は天然水を指します。コーヒーやお茶は利尿作用により、必要以上に体内のカリウムやナトリウム等ミネラルを排出します。
      また、天然水以外の水分は腎臓にとっては異物・不純物なので、濾過機能に負担をかけます。そのため、血流不全や血栓促進を招き、腰痛の大きな要因になります。
      腎臓に負担がかかると、肌がくすみ、目の下にクマができやすくなり、皮膚も黒みがかります。
    • 500㏄のスポーツドリンクの砂糖含有量は角砂糖11個分です。これでは糖分の摂取量が多すぎて、血糖値のコントロールが難しくなり、様々な疾患の要因になるため、スポーツ中でもスポーツドリンクは避けるべきです。<br?アトピーや花粉症等のアレルギー疾患やリウマチ等の自己免疫性疾患のある方、難病に罹患している方は、特に注意が必要です。< li=””></br?アトピーや花粉症等のアレルギー疾患やリウマチ等の自己免疫性疾患のある方、難病に罹患している方は、特に注意が必要です。<>
    • 水分を摂るとお腹や身体が冷えるという方は、水分摂取が問題なのではなく、果物や甘い物を摂り続ける習慣が冷え体質をつくっているのです。

できるだけ糖の摂取量をコントロールして、水分を摂っても違和感が出ない体質を取り戻しましょう。

ヒートショックプロテイン

こんにちは!院長の佐々木です。

ワールドカップ、盛り上がってますね~。勿論日本が決勝トーナメントに勝ち上がっているから!!1戦目の相手のアクシデントからのチャンスをものにして見事勝利&リベンジ。この勢いをメンタルの味方につけ2戦目のセネガル戦で自信を持ってチャレンジ、良いサッカーをしていました。そして賛否あるもののとにかく3戦目で実をとり、勝ち上がった。戦前の予想、監督交代というプロセスを考えると十分成功といえる今回の日本の戦いぶりです。

選手が自分の持ち味を発揮し、選手と監督が信頼関係で結ばれ伸び伸び自信を持ってプレーしているように思えます。これからは絶対に日本人監督でいきたいですね。日本サッカー協会は何年も前から指導者養成等改革に取り組んできたはずでした。他の競技団体にはないトレセンシステム、言語教育、各カテゴリーリーグ戦整備等が紆余曲折、多くの失敗から学びながら少しずつレベルアップに繋がっているのではないか。前回の予選グループの敗退は日本サッカーを根底から否定される敗北感にさらされました。結局個人でどんなに海外に行こうが、子供の頃からのサッカーの指導、取り組み方、環境の延長線に代表があるものだと思います。

協会がいくら指導指針を出しても、多くのジュニア達は小学校区域の町チームに所属しているようです。底辺がそこです。でも、実際には素人のコーチがギャーギャーと怒鳴りながら、周りの父兄も一緒になって指示しながら子供たちを委縮させ、思考を奪い、果ては大人の指示に従い、状況の変化に対応できない選手を作ってしまう。代表の選手たちはそういう世代の代表だともいえます。まだまだそういうサッカーチームが主流をなし、いやサッカーだけでなく野球でも他のスポーツでも怒鳴りつける指導、先日のレスリング指導者や日大アメフト部の問題のようにパワハラまがいの脅迫的指導が良い例で、悪しき日本の躾的教育観、伝統がまかりとっている。そんなもので強いメンタルなんて育つはずがない。怒鳴っているコーチたちは自分の日常のストレスを選手たちにぶつけているだけでそこにはコーチとしての資質や教養が全く見られない。中途半端な成功体験に胡坐をかいて不勉強、無教養で指導をすることでどれだけの子供達、選手が被害にあってきたのか・・。

だからこそ、サッカー代表では次のラウンド以降でも、西野監督のもと伸び伸びサッカーをプレイし、結果を出してほしい。そして西野監督をはじめ、海外のジュニア・ユース年代の日本とは異なる怒鳴らない指導法を目の当たりにしてきた代表選手たちの口から、アメフトの問題等に言及してほしいし、どんな指導が子供たちに必要なのか、指導者たちに警告を発して欲しい、と説に思います。「未だに怒鳴って怒りで選手を動かそうとしているコーチまがいの連中よ、よ~く聞け~」とね。色々な事に繋がる決勝トーナメントだと思います。

 

話は変わって、ここからはコラムをご紹介します。

梅雨の時季には日照時間が少なく、湿気による不快感が増すため、だるさを感じやすくなります。

湿気は皮膚にまとわりついて皮膚呼吸を制限するため、体温調節をしにくくして体調不良の要因になります。また、低気圧は普段圧迫されている血管の内圧を下げるため、血管が広がり濁流のように一気に血液が流れ出すことによって炎症を引き起こします。

梅雨や台風が来ると節々が痛む、体調が優れない、脈が速くなったり胸が苦しくなるというのは、身体に炎症が起こっていることを示唆しているのです。

この身体の炎症=痛みを予防し、低気圧を快適に過ごすポイントを述べていきます。

●身体に炎症が起こった場合、その炎症を抑制するのが副腎から分泌されるステロイドホルモンです。ステロイドホルモンは、甘いものの食べ過ぎやストレスによって急に血糖値が変化した場合に、血糖値を安定させる作用があります。

しかし、そのような状態が続くと、副腎が疲弊してステロイドホルモンは枯渇し、炎症への耐性が失われます。

つまり、低気圧のときは、できるだけストレスを解決・解消・緩和させておくことと、甘いものや果物を控えることが要になります。

●内圧が下がり一時的に血管が広がるのは、普段血管が圧迫されて血流が悪くなっている箇所です。日頃から血管への圧迫を取り除き、血流の良い状態にしておくことが理想です。

身体の圧迫とは、筋肉が硬くなり関節が詰まる状態を指します。また、血流不全の原因は身体が冷えです。冷えた身体に急な炎症が起こることで痛みが起こります。

そこで、身体の冷え体質を改善して、炎症への耐性を養う方法をご紹介します。

身体の構成要素(血管・血液・リンパ・筋肉・骨・内臓など)は全てタンパク質でできています。

60兆個の細胞の中には、熱刺激を与えることで、酸欠で壊死しそうな細胞や癌等に変性しそうな細胞を死滅させたり、ストレス等により分子構造が崩れそうな細胞を再構築したり、炎症を抑制する細胞が存在することが近年解明されてきました。
これらの細胞はヒートショックプロテイン(熱刺激によって増えるタンパク質)と呼ばれています。

ヒートショックプロテインを活性化するには、42~43度の熱めのお風呂に10分弱浸かります。
その後身体が冷えきらない程度に冷まします。湯船から出た後冷めたいシャワーを少しだけ浴びたり、お風呂から出た後しっかり汗を拭いて、裸で5分ほど冷ましてもよいでしょう。

入浴中は大量に汗をかくことがあるので、入浴中も入浴後も、しっかり水分を補給することを忘れないで下さい。

自律神経のバランスは修復され、ヒートショックプロテインは活性化します。硬くなった筋肉はほぐれて、免疫細胞であるリンパ球も活性化します。

3日に1度、少なくとも週に2回ほど行うことで、炎症への耐性ができ、免疫力が向上します。
蒸し暑い日でもシャワーだけで済まさずに、効果的にお風呂に入ることで、不快な低気圧を乗り切りましょう。

また、タンパク質を豊富に含む卵を毎日食べる必要があることも付け加えておきます。

 

 

スクール講座新シリーズのお知らせです。

           「目からウロコの知っ得講座シリーズ」 12回シリーズ
   概要
 これから整体を勉強して一生のライフワークにしたい方、既に勉強してきたが更に補習  したい方、じっくり時間をかけて受講することが難しい方、できるだけ受講費を抑えたい方、 etc多様、多忙な社会を前進する貴方を応援します!
 長年の経験から、シンプルに習得すべき技術体系をまとめ、プログラムも料金もスケジュールもわかりやすく簡潔に受講できる講座を開講致しました!!
日本徒手整体アカデミー本校ならびに静岡校にて受講可能です。静岡校では経絡オイルトリートメントコースやフットケアコースも学べます♪
    各時間 60分        一回 5000円
                  四回 18000円
                 十二回 50000円
1、 施術に必要なシンプル解剖学! (使える筋肉と骨、関節の機能)
2、 これさえマスターすれば充分♪骨盤矯正① (腸骨外内方変位)
3、 これさえマスターすれば充分♪骨盤矯正② (腸骨前後方変位)
4、 これさえマスターすれば充分♪骨盤矯正③ (腸骨上下方変位&仙骨)
5、 腰椎矯正と仙骨矯正
6、 胸椎と肋骨矯正
7、 頚椎矯正
8、 五十肩と微酸道法 (五十肩、原因と対処法)
9、 股関節疾患と微酸道法 (股関節疾患、原因と対処法)
10、冷え・むくみの真の原因と対応法 (分子栄養学と東洋医学による原因と対処法)
11、自己免疫性疾患・不定愁訴、要因と対応法 (分子栄養学と東洋医学から考察)
12、姿勢矯正の極意 (歪みの見方と矯正法)
※ 曜日、時間帯は受講者とスクールで調整して双方の都合に合わせていきます。
※ 料金は前納制となります。
 ご質問、お申し込み等お気軽にお問い合わせ下さい!!

動的ストレッチを試す その4

前回までのコラムでは、動きを伴うストレッチの有効性を、下半身から胴体を中心に説明してきました。

今回は、上半身の動的ストレッチをご紹介します。

1.両肘を90度に曲げて、腕を横に挙げて胸を開きます。肘は肩と同じ高さに挙げます。
肘の角度を維持したまま、しっかりと胸を開いて背中を寄せます。
この時、顔は少し上に向け、背骨と胴体をしっかり反らせる意識で息を吸いながら行います。
1

次に、両肘を胸の前に寄せて前腕(肘から先)を合わせます。
顔は下に向け、背中を丸める意識で息を吐きながら行います。
2

10回から20回、1,2で胸を開き、3,4で腕を閉じるリズムで行います。

この動作は大胸筋や背中の菱形筋等をストレッチし、肩甲骨、肩関節、肋骨の可動域を広げるので、首や腕を動かしやすくなり呼吸が楽になります。
出勤前に行うとストレスが軽減し、活力が湧いてくる感覚を得られます。

2.両肘を90度に曲げて、腕を横に挙げて胸を開きます。肘は肩と同じ高さに挙げます。
3

肘の角度を維持したまま、前腕を下ろします。
4

そこからまた、肘を支点にして前腕を挙げます。
5

10回程、1で腕を挙げ2で腕を下ろすリズムで繰り返します。
この動作は肩のインナーマッスルといわれる内側の小さな筋肉群を伸ばし、肩の関節可動域を広げるので、腕が挙げやすくなります。
運動前に特におすすめの動的ストレッチです。

 

スクール講座新シリーズのお知らせです。

           「目からウロコの知っ得講座シリーズ」 12回シリーズ
   概要
 これから整体を勉強して一生のライフワークにしたい方、既に勉強してきたが更に補習  したい方、じっくり時間をかけて受講することが難しい方、できるだけ受講費を抑えたい方、 etc多様、多忙な社会を前進する貴方を応援します!
 長年の経験から、シンプルに習得すべき技術体系をまとめ、プログラムも料金もスケジュールもわかりやすく簡潔に受講できる講座を開講致しました!!
日本徒手整体アカデミー本校ならびに静岡校にて受講可能です。静岡校では経絡オイルトリートメントコースやフットケアコースも学べます♪
    各時間 60分        一回 5000円
                  四回 18000円
                 十二回 50000円
1、 施術に必要なシンプル解剖学! (使える筋肉と骨、関節の機能)
2、 これさえマスターすれば充分♪骨盤矯正① (腸骨外内方変位)
3、 これさえマスターすれば充分♪骨盤矯正② (腸骨前後方変位)
4、 これさえマスターすれば充分♪骨盤矯正③ (腸骨上下方変位&仙骨)
5、 腰椎矯正と仙骨矯正
6、 胸椎と肋骨矯正
7、 頚椎矯正
8、 五十肩と微酸道法 (五十肩、原因と対処法)
9、 股関節疾患と微酸道法 (股関節疾患、原因と対処法)
10、冷え・むくみの真の原因と対応法 (分子栄養学と東洋医学による原因と対処法)
11、自己免疫性疾患・不定愁訴、要因と対応法 (分子栄養学と東洋医学から考察)
12、姿勢矯正の極意 (歪みの見方と矯正法)
※ 曜日、時間帯は受講者とスクールで調整して双方の都合に合わせていきます。
※ 料金は前納制となります。
 ご質問、お申し込み等お気軽にお問い合わせ下さい!!