ヒートショックプロテイン

こんにちは!院長の佐々木です。

ワールドカップ、盛り上がってますね~。勿論日本が決勝トーナメントに勝ち上がっているから!!1戦目の相手のアクシデントからのチャンスをものにして見事勝利&リベンジ。この勢いをメンタルの味方につけ2戦目のセネガル戦で自信を持ってチャレンジ、良いサッカーをしていました。そして賛否あるもののとにかく3戦目で実をとり、勝ち上がった。戦前の予想、監督交代というプロセスを考えると十分成功といえる今回の日本の戦いぶりです。

選手が自分の持ち味を発揮し、選手と監督が信頼関係で結ばれ伸び伸び自信を持ってプレーしているように思えます。これからは絶対に日本人監督でいきたいですね。日本サッカー協会は何年も前から指導者養成等改革に取り組んできたはずでした。他の競技団体にはないトレセンシステム、言語教育、各カテゴリーリーグ戦整備等が紆余曲折、多くの失敗から学びながら少しずつレベルアップに繋がっているのではないか。前回の予選グループの敗退は日本サッカーを根底から否定される敗北感にさらされました。結局個人でどんなに海外に行こうが、子供の頃からのサッカーの指導、取り組み方、環境の延長線に代表があるものだと思います。

協会がいくら指導指針を出しても、多くのジュニア達は小学校区域の町チームに所属しているようです。底辺がそこです。でも、実際には素人のコーチがギャーギャーと怒鳴りながら、周りの父兄も一緒になって指示しながら子供たちを委縮させ、思考を奪い、果ては大人の指示に従い、状況の変化に対応できない選手を作ってしまう。代表の選手たちはそういう世代の代表だともいえます。まだまだそういうサッカーチームが主流をなし、いやサッカーだけでなく野球でも他のスポーツでも怒鳴りつける指導、先日のレスリング指導者や日大アメフト部の問題のようにパワハラまがいの脅迫的指導が良い例で、悪しき日本の躾的教育観、伝統がまかりとっている。そんなもので強いメンタルなんて育つはずがない。怒鳴っているコーチたちは自分の日常のストレスを選手たちにぶつけているだけでそこにはコーチとしての資質や教養が全く見られない。中途半端な成功体験に胡坐をかいて不勉強、無教養で指導をすることでどれだけの子供達、選手が被害にあってきたのか・・。

だからこそ、サッカー代表では次のラウンド以降でも、西野監督のもと伸び伸びサッカーをプレイし、結果を出してほしい。そして西野監督をはじめ、海外のジュニア・ユース年代の日本とは異なる怒鳴らない指導法を目の当たりにしてきた代表選手たちの口から、アメフトの問題等に言及してほしいし、どんな指導が子供たちに必要なのか、指導者たちに警告を発して欲しい、と説に思います。「未だに怒鳴って怒りで選手を動かそうとしているコーチまがいの連中よ、よ~く聞け~」とね。色々な事に繋がる決勝トーナメントだと思います。

 

話は変わって、ここからはコラムをご紹介します。

梅雨の時季には日照時間が少なく、湿気による不快感が増すため、だるさを感じやすくなります。

湿気は皮膚にまとわりついて皮膚呼吸を制限するため、体温調節をしにくくして体調不良の要因になります。また、低気圧は普段圧迫されている血管の内圧を下げるため、血管が広がり濁流のように一気に血液が流れ出すことによって炎症を引き起こします。

梅雨や台風が来ると節々が痛む、体調が優れない、脈が速くなったり胸が苦しくなるというのは、身体に炎症が起こっていることを示唆しているのです。

この身体の炎症=痛みを予防し、低気圧を快適に過ごすポイントを述べていきます。

●身体に炎症が起こった場合、その炎症を抑制するのが副腎から分泌されるステロイドホルモンです。ステロイドホルモンは、甘いものの食べ過ぎやストレスによって急に血糖値が変化した場合に、血糖値を安定させる作用があります。

しかし、そのような状態が続くと、副腎が疲弊してステロイドホルモンは枯渇し、炎症への耐性が失われます。

つまり、低気圧のときは、できるだけストレスを解決・解消・緩和させておくことと、甘いものや果物を控えることが要になります。

●内圧が下がり一時的に血管が広がるのは、普段血管が圧迫されて血流が悪くなっている箇所です。日頃から血管への圧迫を取り除き、血流の良い状態にしておくことが理想です。

身体の圧迫とは、筋肉が硬くなり関節が詰まる状態を指します。また、血流不全の原因は身体が冷えです。冷えた身体に急な炎症が起こることで痛みが起こります。

そこで、身体の冷え体質を改善して、炎症への耐性を養う方法をご紹介します。

身体の構成要素(血管・血液・リンパ・筋肉・骨・内臓など)は全てタンパク質でできています。

60兆個の細胞の中には、熱刺激を与えることで、酸欠で壊死しそうな細胞や癌等に変性しそうな細胞を死滅させたり、ストレス等により分子構造が崩れそうな細胞を再構築したり、炎症を抑制する細胞が存在することが近年解明されてきました。
これらの細胞はヒートショックプロテイン(熱刺激によって増えるタンパク質)と呼ばれています。

ヒートショックプロテインを活性化するには、42~43度の熱めのお風呂に10分弱浸かります。
その後身体が冷えきらない程度に冷まします。湯船から出た後冷めたいシャワーを少しだけ浴びたり、お風呂から出た後しっかり汗を拭いて、裸で5分ほど冷ましてもよいでしょう。

入浴中は大量に汗をかくことがあるので、入浴中も入浴後も、しっかり水分を補給することを忘れないで下さい。

自律神経のバランスは修復され、ヒートショックプロテインは活性化します。硬くなった筋肉はほぐれて、免疫細胞であるリンパ球も活性化します。

3日に1度、少なくとも週に2回ほど行うことで、炎症への耐性ができ、免疫力が向上します。
蒸し暑い日でもシャワーだけで済まさずに、効果的にお風呂に入ることで、不快な低気圧を乗り切りましょう。

また、タンパク質を豊富に含む卵を毎日食べる必要があることも付け加えておきます。

 

 

スクール講座新シリーズのお知らせです。

           「目からウロコの知っ得講座シリーズ」 12回シリーズ
   概要
 これから整体を勉強して一生のライフワークにしたい方、既に勉強してきたが更に補習  したい方、じっくり時間をかけて受講することが難しい方、できるだけ受講費を抑えたい方、 etc多様、多忙な社会を前進する貴方を応援します!
 長年の経験から、シンプルに習得すべき技術体系をまとめ、プログラムも料金もスケジュールもわかりやすく簡潔に受講できる講座を開講致しました!!
日本徒手整体アカデミー本校ならびに静岡校にて受講可能です。静岡校では経絡オイルトリートメントコースやフットケアコースも学べます♪
    各時間 60分        一回 5000円
                  四回 18000円
                 十二回 50000円
1、 施術に必要なシンプル解剖学! (使える筋肉と骨、関節の機能)
2、 これさえマスターすれば充分♪骨盤矯正① (腸骨外内方変位)
3、 これさえマスターすれば充分♪骨盤矯正② (腸骨前後方変位)
4、 これさえマスターすれば充分♪骨盤矯正③ (腸骨上下方変位&仙骨)
5、 腰椎矯正と仙骨矯正
6、 胸椎と肋骨矯正
7、 頚椎矯正
8、 五十肩と微酸道法 (五十肩、原因と対処法)
9、 股関節疾患と微酸道法 (股関節疾患、原因と対処法)
10、冷え・むくみの真の原因と対応法 (分子栄養学と東洋医学による原因と対処法)
11、自己免疫性疾患・不定愁訴、要因と対応法 (分子栄養学と東洋医学から考察)
12、姿勢矯正の極意 (歪みの見方と矯正法)
※ 曜日、時間帯は受講者とスクールで調整して双方の都合に合わせていきます。
※ 料金は前納制となります。
 ご質問、お申し込み等お気軽にお問い合わせ下さい!!
広告

動的ストレッチを試す その4

前回までのコラムでは、動きを伴うストレッチの有効性を、下半身から胴体を中心に説明してきました。

今回は、上半身の動的ストレッチをご紹介します。

1.両肘を90度に曲げて、腕を横に挙げて胸を開きます。肘は肩と同じ高さに挙げます。
肘の角度を維持したまま、しっかりと胸を開いて背中を寄せます。
この時、顔は少し上に向け、背骨と胴体をしっかり反らせる意識で息を吸いながら行います。
1

次に、両肘を胸の前に寄せて前腕(肘から先)を合わせます。
顔は下に向け、背中を丸める意識で息を吐きながら行います。
2

10回から20回、1,2で胸を開き、3,4で腕を閉じるリズムで行います。

この動作は大胸筋や背中の菱形筋等をストレッチし、肩甲骨、肩関節、肋骨の可動域を広げるので、首や腕を動かしやすくなり呼吸が楽になります。
出勤前に行うとストレスが軽減し、活力が湧いてくる感覚を得られます。

2.両肘を90度に曲げて、腕を横に挙げて胸を開きます。肘は肩と同じ高さに挙げます。
3

肘の角度を維持したまま、前腕を下ろします。
4

そこからまた、肘を支点にして前腕を挙げます。
5

10回程、1で腕を挙げ2で腕を下ろすリズムで繰り返します。
この動作は肩のインナーマッスルといわれる内側の小さな筋肉群を伸ばし、肩の関節可動域を広げるので、腕が挙げやすくなります。
運動前に特におすすめの動的ストレッチです。

 

スクール講座新シリーズのお知らせです。

           「目からウロコの知っ得講座シリーズ」 12回シリーズ
   概要
 これから整体を勉強して一生のライフワークにしたい方、既に勉強してきたが更に補習  したい方、じっくり時間をかけて受講することが難しい方、できるだけ受講費を抑えたい方、 etc多様、多忙な社会を前進する貴方を応援します!
 長年の経験から、シンプルに習得すべき技術体系をまとめ、プログラムも料金もスケジュールもわかりやすく簡潔に受講できる講座を開講致しました!!
日本徒手整体アカデミー本校ならびに静岡校にて受講可能です。静岡校では経絡オイルトリートメントコースやフットケアコースも学べます♪
    各時間 60分        一回 5000円
                  四回 18000円
                 十二回 50000円
1、 施術に必要なシンプル解剖学! (使える筋肉と骨、関節の機能)
2、 これさえマスターすれば充分♪骨盤矯正① (腸骨外内方変位)
3、 これさえマスターすれば充分♪骨盤矯正② (腸骨前後方変位)
4、 これさえマスターすれば充分♪骨盤矯正③ (腸骨上下方変位&仙骨)
5、 腰椎矯正と仙骨矯正
6、 胸椎と肋骨矯正
7、 頚椎矯正
8、 五十肩と微酸道法 (五十肩、原因と対処法)
9、 股関節疾患と微酸道法 (股関節疾患、原因と対処法)
10、冷え・むくみの真の原因と対応法 (分子栄養学と東洋医学による原因と対処法)
11、自己免疫性疾患・不定愁訴、要因と対応法 (分子栄養学と東洋医学から考察)
12、姿勢矯正の極意 (歪みの見方と矯正法)
※ 曜日、時間帯は受講者とスクールで調整して双方の都合に合わせていきます。
※ 料金は前納制となります。
 ご質問、お申し込み等お気軽にお問い合わせ下さい!!

スクール新講座のお知らせです

スクール講座新シリーズのお知らせです。

           「目からウロコの知っ得講座シリーズ」 12回シリーズ
   概要
 これから整体を勉強して一生のライフワークにしたい方、既に勉強してきたが更に補習  したい方、じっくり時間をかけて受講することが難しい方、できるだけ受講費を抑えたい方、 etc多様、多忙な社会を前進する貴方を応援します!
 長年の経験から、シンプルに習得すべき技術体系をまとめ、プログラムも料金もスケジュールもわかりやすく簡潔に受講できる講座を開講致しました!!
    各時間 60分        一回 5000円
                  四回 18000円
                 十二回 50000円
1、 施術に必要なシンプル解剖学! (使える筋肉と骨、関節の機能)
2、 これさえマスターすれば充分♪骨盤矯正① (腸骨外内方変位)
3、 これさえマスターすれば充分♪骨盤矯正② (腸骨前後方変位)
4、 これさえマスターすれば充分♪骨盤矯正③ (腸骨上下方変位&仙骨)
5、 腰椎矯正と仙骨矯正
6、 胸椎と肋骨矯正
7、 頚椎矯正
8、 五十肩と微酸道法 (五十肩、原因と対処法)
9、 股関節疾患と微酸道法 (股関節疾患、原因と対処法)
10、冷え・むくみの真の原因と対応法 (分子栄養学と東洋医学による原因と対処法)
11、自己免疫性疾患・不定愁訴、要因と対応法 (分子栄養学と東洋医学から考察)
12、姿勢矯正の極意 (歪みの見方と矯正法)
※ 曜日、時間帯は受講者とスクールで調整して双方の都合に合わせていきます。
※ 料金は前納制となります。
 ご質問、お申し込み等お気軽にお問い合わせ下さい!!

 

動的ストレッチを試す その3

前回までのコラムでは、動きを伴う動的ストレッチは、運動や出勤の前に行うと特に効果的であることを説明してきました。

じっくりと時間をかけて同じ姿勢のまま伸ばす静的ストレッチは、その目的が純粋に柔軟性を養うことである場合や、運動後のクールダウン(筋肉の温度を下げるので)には適していますが、運動の前に行うと怪我のリスクが高くなることがあります。

運動や仕事では交感神経が優位な状態になるため、筋肉の温度を上げ、関節可動域を広げ、心拍を上げる動的ストレッチが適しています。どちらのストレッチが優れているかではなく、それぞれのストレッチの適性を理解し、状況に応じて効果的に使い分けていただきたい、というのがこのコラムの趣旨です。

今回も動的ストレッチをご紹介します。

○両手を臀部に回し、膝を上げずに膝から下をリズミカルに曲げながら前進します。この時、踵が、後ろに回した手に付くように膝をしっかり折り曲げます。

20180401 20180402

このストレッチは、腿の裏側の筋肉(大腿二頭筋)に刺激を与え、腿の前面の筋肉(大腿四頭筋)を伸ばす効果があるので、脚を早く動かす際に効果を発揮します。

10回~20回続けます。日常的にあまり使われない腿の裏側の筋肉を積極的に稼動させます。

○右脚を前に踏み出しながら両手を挙げ、頭上で手を組み胴体を右に捻ります。同様に左脚を踏み出しながら胴体を左に捻ります。左右3回ずつ行います。

20180403 20180404

骨盤から背骨、肋骨の可動域が広がります。胴体と骨盤が連動することで、歩行やランニングの際の腕振りや動作が楽になります。

動的ストレッチを試す その2

前回のコラムでは、運動前や出勤前など身体を動かし始める際に、ウォーミングアップとして行うストレッチには、関節や筋肉を稼動させながら行う動的ストレッチが適していること、そしてその具体的方法を説明しました。

今回も引き続き動的ストレッチをご紹介します。

股関節屈伸&外旋運動

左膝をまっすぐお腹の高さまで引き上げます。

(1) 左膝を胴体の正面に引き上げる → (2) 身体を左に向けながら左膝を外に回す
左膝を胴体の正面に引き上げる02

膝を引き上げたまま真横に開きます。
この時、脚だけでなく胴体も左側へ半身(はんみ)になります。半身になった後、脚を下ろします。

右側も同様に行います。

(3) 右膝を正面に引き上げる → (4) 膝を外に回す
0304

3~5回ずつ行います。

股関節屈伸&内旋運動

左側に半身になって、左膝を外側から引き上げます。

(5) 左側を向いて、左膝を外から引き上げる → (6) 5を後ろから見た写真 → (7)左膝を正面に回す
050607

お腹の高さで維持した膝と胴体を正面に向け、脚を下ろします。
右側も同様に行います。

(8) 右膝を外から回す(9) 8を後ろから見た写真(10) 右膝を正面に回す
080910

3~5回行います。

股関節は骨盤に付着しており、関節骨頭部(こっとうぶ)は球状なので、前後左右あらゆる方向に稼動します。この動的ストレッチを行うと、股関節の可動域が広がるだけでなく、腰の動きや歩行・ランニング等での重心移動が楽になります。

動的ストレッチを試す その1

筋肉を緩めたり、関節の可動域を広げる時に行うストレッチにもゆっくり静かに伸ばす静的ストレッチ(スタティックストレッチ)やある動作を繰り返し行いながら、つまり動きながら行う動的ストレッチ(バリスティックストレッチ)、筋肉に抵抗を静かにかけながら徐々に筋肉を伸ばしていくようなストレッチ(PNF)等、ストレッチにも数種類あります。

使い分けとしては、純粋に筋肉の柔軟性を養いたい場合や、運動後のクールダウン等では静的ストレッチを行うのが良いでしょうし、ヨガもそこに分類されるといえるでしょう。
また、一日の始まり、出勤前、運動前には様々な動作を取り込んだ動的ストレッチが適しています。現在スポーツ界でもウオーミングアップでは静的ストレッチは筋肉を冷やし、かえって怪我を誘発しやすいことがわかってきたため行わず、常に軽くジョギングしながら、またはあらゆる関節を動かしながら合間合間に伸ばす動的ストレッチが使用されるようになってきています。

シリーズで動的ストレッチをご紹介していきますので、読者の皆さんも出勤前や運動前に試してみて下さい。身体がほぐれ、活力が沸いてくる感覚を得られるかもしれません。

下肢前後振り子運動
左膝を前方に上げてそこから下肢全体を後ろに伸ばします。

(1) 左膝を上げる
新左膝
新左膝

(2) 左脚を後ろに伸ばす
新左伸展
新新左伸展
(3) もう一度膝を上げる
新左膝
新左膝
伸ばしたらまた膝を前方に引き上げ、これを1セットとします。同様に右下肢も行います。
左右3~5セットずつ行います。

(4) 右膝を引き上げ・・・新新右膝 → (5) 同様に右脚を後ろに伸ばし 新右伸展 → (6) 右膝を再び上げる
(4) 右膝を引き上げ・・・(5) 同様に右脚を後ろに伸ばし(6) 右膝を再び上げる

下肢屈曲運動
何歩か小走りにすすんで、その反動で左の膝は少し伸ばしたまま、左下肢全体を前方に上げます。これを1セットとします。この時、左足つま先と右手を近づけます。

(1) 左足と右手を近づける
新左脚右手

同様に右下肢も行います。左右3~5セットずつ行います。

(2) 右足と左手を近づける
新右膝

小走りするスペースが無ければ、その場でリズミカルに足踏みしてから行っても構いません。

次回以降も下半身の動的ストレッチをご紹介致します。

リハビリデイサービス

通所系機能訓練施設の国による推進事業はピークを迎え、今後は利用者の機能が本当に向上しているのか?自宅での生活活動が改善しているのか?量より質が問われる時代となりました。

しかし、介護レベルの向上は実際にはなかなか、はかれていないのではないでしょうか?

通所系介護施設では、

◆集団体操が多く、個別の症状や目的に応じた運動処方まで手が回らない。また、マシンなど各自で行っているため正しい動き、テンポ、可動域、レスト等効果的なフィットネストレーニングとは言えない。

◆いつも同じパターンの動きで利用者に飽きられている。介護度、年齢、QOL、症状など個人差があるのに特性を 見極られない。あまり機能の向上、変化は見受けられな い、維持がやっと?

入居系介護施設での傾向は、

◆ いつも同じ姿勢で休ませてしまっている=利用者の身体 のゆがみを増長、機能低下に拍車をかける。

◆利用者の水分不足、おやつはいつも甘いもの・・認知症 や身体機能、症状に拍車をかけている。

◆オムツの位置で下肢の動作制限 ・・。 等が見受けられます。 それぞれの原因としては、

□ 機能訓練員として理学療法士が常駐できていない。

□ 筋機能解剖、キネシオロジー、運動処方、コンディショニング等運動指導論の知識、経験、技量不足。

例)  ・胴体と連動した四肢の運動法がわからない、またはその必要性に気づいていない。

・全体的に屈曲動作が多くなってしまい関節拘縮や姿勢不良を増長させてしまっている。

・伸展を伴うクールダウン、ストレッチ動作の絶対的な不足、スロートレーニングの軽視。

□ 元来、理学療法士は運動処方、トレーニングの専門外。

□ カロリー計算による栄養指導は身体機能、疾病改善には実は寄与しません。

□ 介護職員の負担増。

□ 職員不足。

□ 機能訓練等の共有不足。

 身体機能、疾患の実態は実は的確な栄養指導、メンタルヘルスがまず土台となり大きな要素です!!

その次に胴体との連動性、身体特性を把握した個別の運動処方が必要になってくるのです(根本に現在の薬に依存する医療社会、介護システムが ベースにあるため機能の回復、増進という展望が描きにくくなってしまっています)。

以上の傾向、原因、対策を機能訓練員や生活相談員、介護職員、管理者等で共通理解をすすめることで、利用者の機能改善、職員の負担軽減ならびに意欲向上、サービスの差別化がはかれます!!

協会が提供する、栄養指導、メンタルヘルス、運動機能技術指導、フォーマット改善指導により・・ソフトの向上、職員の負担軽減、他社競合との差別化、介護業界への社会貢献等が実現します。