月別アーカイブ: 2011年3月

薬が薬をよぶ

薬が薬をよぶ
こんばんは!

最近甘い物の食べ過ぎ?!で免疫力が下がり口内炎や、皮膚のデキモノが痛いトレーナー三輪です

口に入れる食べ物がいかに身体に影響を与えるのか・・・改めて思い知らされます

「口に入れる」 みなさんは常備薬ってありますか?

消炎鎮痛剤、アリセプト(アルツハイマーの進行を遅らせる)、ユベラ(血流促進)メバン(コレステロール、高脂血症抑制)。私の訪問先のクライアントさまが毎日飲んでいるお薬です。

身体の痛みや炎症はなぜ起こるのか・・。悪いところに酸素や栄養を行き届かせその部分に血流を送るための反射として起こるもので、本来人間が持っている治癒反応なんだ!っと知ってから 身体の具合が悪くなったらすぐに薬を飲むことにわたしは疑問を持つようになりました。

薬を飲めば痛みはスッキリ治まります。でもこれは血流量を抑え身体を冷やすことで痛みをなくしているから根本治療ではないし、また薬が切れると痛みも出ます。

身体が冷えて手足の末端が冷たくなるからまたもう一つの血流促進剤を飲むことになって、薬が薬をよんですごく悪循環です。薬などは肝臓で解毒、分解されるからたくさんの薬は肝臓を疲労させ、アルコールを飲んでいないのに肝機能が高くなってしまったりこれでは負の連鎖です。

今年で87歳のクライアント様。おっしゃることもしっかりしていて、毎週わたしに一週間の出来事、昔のお話などペラペラと活絶良く話をしてくれます。現時点ではアリセプト薬は全く必要ないように感じてしまいます。手先がいつも冷たいのはこのお薬の影響もあるのではないかと見解していますが。。

薬は即効性もあって、辛い症状を一気に和らげてくれる画期的なものだけど、一歩間違えれば余計に症状を悪化させてしまう恐ろしいものでもあることをもっと知ってもらわなければ、私たちリバイタライズトレーナーの志である「寝たきり0を目指す!!」ことに障害となって夢で終わってしまうことになりかねない。

広告

すべきこと

東北太平洋沖地震で被災された多くの方達に心よりお見舞い申し上げます。

この震災に悲しむばかりではなく、無事だった方達は節電や物資確保の自粛等できることから支援していくことが被災された方達へのお見舞いとなり、エネルギー浪費を見直したり、環境に優しい新たなエネルギーを模索したり、気遣う心や助け合う気持ちをこれからも大切にすること、どんなに逆境にあっても諦めず前へ進むことが亡くなられた多数の方達へのお悔やみになるのだと信じています。

有事の時だけではなく、日常から笑顔を大切に、心を励ます言葉をかける、思いやることを忘れないようにしたい。プライベートの時も仕事の時も忘れずに。

できることから。

できることから。
トレーナーの三輪です。
みなさまの安否が心配になります。
ご無事でしょうか。
被災された方。お見舞い申し上げます。

テレビをつけると凄まじい津波の映像に身体が震えます。明治以来、世界でも5本の指で数えられるほどの大地震だそうで、まだまだ、助けを待っている方もいることに心が凄く痛みます。日本の国民が一つになって皆の幸せを願って、無事だった私達ができることを考えていかなければならない時なんだと感じます。

地震直後、家族、仲間から「大丈夫?」っと私の安否を心配してくれました。今も「余震に気をつけて!」っとメールが入ります。心が折れそうな時、辛い時、私は周りの方々にいつも助けられて生きています。

人生での成功とは、人を助けた数だと言います。

「ありがとう!」っと言うばかりではなく、「ありがとうございます!」っと言われるようにしたいと思います。与えてもらっている。から与えられる。存在になりたいと思います。

そしてこの地震から学ぶべきもの、大切な人とのつながりこそが本当に大切で、私を必要としてくれる方、まずは目の前にいる方にどうやったら幸せになってもらえるか・・を自問しながら感謝しながら過ごしていこうと思います。そしたらもっともっと大きな事が成し遂げられそうですから。

                

そして 天災はいつ起こるか予測できない、備えや腹を据えること!忘れず生きていきます。

みなさん。どうかご無事でありますように・・・。願っております。