股関節を柔軟に

皆様こんにちは!院長の佐々木です。
本日のコラム紹介は2010年91話「股関節を柔軟に」となります、お試し下さい。

骨盤を支える股関節は、歩行時の下肢からの衝撃を和らげ、あらゆる動作をスムーズに連動させる連結部の役割を果たします。

股関節の柔軟性が失われると骨盤の動きが硬くなり、胴体を硬直させ腰痛などに発展しやすくなります。

また、脚のむくみ、冷えなどにも影響を及ぼしますので、普段からしっかり股関節をほぐしましょう。

四つんばいの姿勢から更に膝と腰を深く曲げます。両膝をつけた状態で、骨盤を左右にそれぞれ10回ほど廻します。

股関節が正しい状態に矯正され、弾力性がつくと同時に、恥骨(骨盤の前側、下肢の付け根部分)の矯正にもなります。

但し、腰痛が強い方は控えて下さい

お問い合わせ、お申し込み、御意見等お気軽にご連絡下さい!!
 info@aoyamaseitai-ac.com  TEL・FAX03-3477-7009
動画はこちら     http://youtu.be/qIgwvMsIfwY
FaceBook始めました  http://www.facebook.com/takuo.sasaki.9
日本徒手整体アカデミーHP  http://www.aoyamaseitai-ac.com/
日本徒手整体トレーナー認定協会  http://www.kotuban.info
受講生の声はこちらの掲示板から  http://aoyama.bbs.coocan.jp/
佐々木学院長の写真付コラムはこちら  http://melmaga.toy-ken.co.jp/karada/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中